ハピネス

2014.04.02 UP

編集部おすすめ

アソコをケアしないと、どんな美人さんも「男子ドン引き」に!


f226f3c2bf9ba85e657ed3f14c8cb8ab

(Photo by Pinterest)

 

美容における、日本と米国の大きな違い。それは、ご存知の方も多いと思いますが、歯のケアです。

日本では「歯医者に行く=虫歯や歯の治療のため」ですが、米国では歯の状態が悪いときだけではなく、年に2回は必ず歯医者に行って歯のクリーニングや健康チェックを行うのが当たり前。

健康でまっすぐな白い歯を保つことは、キレイな肌、健康な身体を保つことと一緒なのです。

 

だからこそ、外国人男性からすると歯への意識が低い日本女性の歯はちょっと「え?」と疑問に思われることもしばしば。

特にメイクもヘアも完璧にしているからこそ、なぜ歯はキレイじゃないのと不思議に思われてしまいます。しかも色が黄色かったり、歯並びが悪いと「キスするのをためらっちゃう」とまで思われてしまうことも……。

さらに日本では可愛いと人気の八重歯も、真っすぐな歯と歯並びを美とする米国では苦手なものとして挙げられています。

 

セレブの自信は美しい歯があるからこそ!

実際セレブ達の間でも有名になったら、鼻や胸よりもまず最初は歯をお直しする、というのがお約束。

不揃いな歯や歯並びが気になっていたヴィクトリア・ベッカムやブリトニー・スピアーズも、歯を削ってセラミックのシェルを重ねるという“ラミネートベニア法”で真っ白で、まっすぐに整った歯に。

そのビフォー・アフターを比べてみると、まさに顔の印象も表情も生まれ変わったように美しく、洗練されています。しかもヴィクトリアは歯の治療後、笑顔に自信が持てて、笑う機会が多くなったとか。

 

また、モデルのジゼル・ブンチェンも透明の歯科矯正装置である“インビザライン”を使用。化粧ポーチなどに入れて、時間があいたら使用していたお陰で、治療後は撮影にももっと自信が持てるようになったと語っています。

そう、歯の美しさは、キレイに見えるだけじゃなく、自分に自信を持つためのキーポイントでもあるんです。

 

誰にも知られずに、短期間できる矯正があるって知ってた?

しかし矯正っていうと治療中はあまり見た目が美しくないし、期間が長いし……とネガティブな印象が先行してしまいますよね。

 

140324-0002

しかし、実際は、歯列矯正は6ヶ月くらいで可能。しかも、なんなら最短3ヶ月で歯が美しい並びへ移動するという“見えない裏側矯正”があるのをご存知でしたか?

歯の裏側から矯正するので、表から矯正器具が見える心配もなし!

たった3ヶ月なので、今から始めれば結婚式にも念願の美しい完璧な歯で迎えられることもできちゃうほどのスピード。しかも笑顔をためらったりなど、気兼ねなくできるのもスゴいですよね。

 

セレブの美しさに憧れている方はもちろん、これから結婚式を迎える方、笑顔に自信を持ちたい方、肌や髪だけでなく、歯の美容についてもきちんと見直してみませんか?

 

【参考】

 渋谷矯正歯科

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ