ライフスタイル

2014.03.17 UP

引越しは引越し比較サイトで!引越し費用を節約するコツ5つ


20140311引越し

もうすぐ年度末。新しい季節に向けて、引越しをする人も多いですよね? 特に今年は、消費税増税前に引越しをすませようと、例年以上に引越しをする人が多いようです。

 

引越しは何かとお金がかかるもの。消費税アップ前に駆け込みでお買い物をしたうえに、引越し費用もかさむと、お財布には大きなダメージになってしまいます。そこで、引っ越し費用を節約するコツをご紹介します。

 

1:複数の見積もりを取る

引越しの費用は業者によってけっこう差があるものです。比較サイトなどを利用して、複数の見積もりを取りましょう。

単身向け、女性向け、などのサービスがあるところもありますが、特別なサービスをつけると割高になります。自分に適したプランは、荷物の量内容移動距離によって変わってきます。いろいろ見てみると、見積もりの交渉にも役立ちますよ。

 

2:ネットオークション、リサイクルショップで不用品を売っておく

引越しでは、荷物が多いと費用も時間もかかります。新居に持っていく必要がないものは、先に処分してしまいましょう。

それも、タダでは済ませない! ネットオークションリサイクルショップなどでお金に変えましょう。

 

ブランド品はものによってわりと高額で買い取ってもらえることもあります。古い洋服や靴はほとんどお金にならないことが多いですが、引き取ってもらえれば、引越しの荷物を減らすのに効果がありますよね?

ネットや電話1本で引き取りに来てくれるので、ゴミとして捨てるよりも楽ちんですよ!

 

3:荷物は衣装ケースなどに入れる

洋服は衣装ケース、小物はクリアケースに入れるなどして、できるだけ段ボールを使わずに荷造りするのもオススメです。なぜなら、これには2つのメリットがあるから。

 

まず、引越し用の段ボールを自分で用意すると、引越し費用が安くなることがあります。

一定枚数までは基本料金に含まれている業者が多いですが、基本料金分の段ボールだけを使って、それ以上は自前にすれば、超過料金がかからずに済みます。また、段ボールを1枚ももらわなければ、交渉によっては料金を割り引いてくれる可能性もあります。

 

もうひとつは、ケースに入れておけば、新居で家具を買わずに済むというメリットも。透明の衣装ケースなら、押し入れや収納スペースに重ねて置けばそのまま使えます。荷ほどきの手間もカットできちゃいますよ!

 

4:クレジットカードで支払う

引越し費用は、クレジットカードで支払いましょう。比較的高額なことが多いので、クレジットカードのポイントがたまります。

さらに、この時期にはクレジットカード会社がキャンペーンを行っていることがあります。引越しの基本料金が20~25%割引されるなど、嬉しい特典を受けられますよ。

 

5:早めに予約

もし、時間に余裕があれば、早めに予約しましょう。

早い方が、業者の都合に合わせて引越し日を決められるなどの理由で、料金はずっと安くなります。今から予約すると、引越し日は4月の増税後にはなりますが、その方がむしろ安くなる可能性もありますよ。

 

いかがでしょうか?

引越し費用を上手に節約すれば、浮いたお金で新居のインテリアを充実できるかも! これから住まいを変える人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

Photo by Pinterest

加藤 梨里

加藤 梨里

マネーステップオフィス代表(ファイナンシャルプランナー(CFP R))、慶應義塾大学SFC研究所上席所員

≫このライターの記事を読む

ファイナンシャルプランナー(CFP R)、慶應義塾大学SFC研究所上席所員


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ