ハピネス

2016.10.14 UP

10月の環境変化に負けない!心身のバランスを整えるアロマ3選


だんだん日が短くなり、気温が低くなる10月。この月は、環境の変化に身体がついていけず、自律神経やホルモンバランスが乱れやすいと言われています。

そこで、心身のバランスをとるのに役立つのが、”アロマグッズ”です。朝昼晩、それぞれのシーンにマッチした香りを取り入れると気分もアップしますよ。

アロマテラピストの木本裕子さんにおすすめのグッズを厳選してもらいました!

 

【朝】爽やかな気分にしてくれる香り

Photo by Amazon

一日のはじまりは、モチベーションがアップする、爽やかな香りをチョイスしましょう。おすすめは、ユーカリとミントの香り「ウカ」の「ウカヘアオイル レイニーウォーク」。ヘアオイルなら、お出かけ前のバタバタとしているときも手軽に取り入れられますよ。

ユーカリとミントには、ともに頭脳明晰化の効果があるため、すっきりとした目覚めを促してくれます。また、消化促進効果もあるので、前日の夜食や飲み会などで胃腸がちょっと疲れ気味のときにも◎。

「親しみやすく、万人受けしやすい香りだから、電車内や会議室などパブリックな場でも問題なし。また、清潔感のあるイメージを与えられるのもポイントです!」(木本さん)

 

【昼】明るくアクティブにしてくれる香り

Photo by MARKS&WEB

気温や日照時間の変化が激しいシーズンのため、日中はストレスを溜めがち。そこで、日中を元気ハツラツな気分にしてくれる香りを取り入れましょう!

おすすめは、爽やかなオレンジと優しいフローラルなネロリの組み合わせが好バランスな「MARKS&WEB」の「モイスチャーハンドクリーム ネロリ/オレンジ」。ハンドクリームなら、仕事中にもサッとつけられますよ。

オレンジとネロリは、ストレスを発散し、気分を高め、不安や憂鬱な気分を和らげ、心のバランスを整える効果が期待できます。また、ネロリにはホルモンバランスを整える効果があるため、生理前の心身の不調にも◎。

「このほのかな甘い香りを嗅ぐと、”お菓子を食べたい”欲求が抑えられるように感じるため、ダイエットにも役立っています」(木本さん)

 

【夜】質の良い睡眠をとるための香り

Photo by Amazon

就寝前は、一日がんばった心と身体を癒してあげる大切な時間です。

そんなご褒美タイムには、上品で贅沢な大人の香りの「Jo Malone」の「アンバー&ラベンダー ボディクリーム」がおすすめ。身体中をいい香りで包み込んでくれるボディクリームは、寝るときにつけるのにぴったりです。

ベースにアンバー、ミドルにラベンダー、トップにプチグレンの3つのアロマが絶妙に香り、癒してくれます。

プチグレンには、ストレス緩和、ラベンダーには安眠効果があり。アンバーは、心への作用だけでなく、熱や痛みを緩和しくれるのだとか。

「一日の疲れを癒す完璧なコンビネーションですね。アンバーは刺激が強いアロマエッセンスなので、妊娠中の方は念のため避けた方がいいでしょう」(木本さん)

 

いかがでしたか?

「香りを纏うことは毎日を特別にしてくれます。特に女性の30代は、香りに最も敏感な時期と言われています。シーンによって香りを変えて、自分だけでなく周りも幸せにしてしまう女性を目指してみて!」(木本さん)

 

【木本裕子】

ロンドン・東京を中心に活動しているテキスタイルデザイナー、アロマ空間コーディネーター。

海外でのファッションデザイン、カフェ・イベントスペースの空間デザイン、アロマテラピーなどの経験を生かし、テキスタイルとアロマを使った空間作りを提案している。

武蔵英介(ANGIE編集部)

武蔵英介(ANGIE編集部)

メディアプランナー

≫このライターの記事を読む

主にインテリア、料理など暮らし関係の記事を担当。 趣味は、インテリア、料理、自転車、海外ドラマ。 「皆さまに毎日の暮らしが楽しくなる情報をお届けいたします」


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ