ライフスタイル

2016.10.16 UP

【ソロ女子の悩み】友達に相談しにくいコンプレックス解消法は?


仕事や収入、既婚or未婚など……生活や人生観が友達と分かれていく30代。似た環境・価値観を共有していた20代の頃と比べ、悩みを友達に打ち明けられなくなったという方は多いのでは?

その根底にあるのはきっとコンプレックス。「仕事が上手くいっている友達にはやりたいことが見つからない、なんていい歳して言えない」、「既婚者の友達に失恋話はしたくない」などのように、きっと心の奥底でコンプレックスを抱えているからこそ、自分より幸せそうに見える友達には、どんどん悩みが言えなくなってくるのかと思います。

そこで今回は、同世代の女性たちがどんなコンプレックスを抱え、どう折り合いをつけているのかをご紹介します。

 

仕事の悩みを、仕事で成功している友達には話せない

「仕事にやりがいを感じられません。でも他にやりたいこともないから、どうしていいか分からなくて……。夢を叶え、楽しそうに仕事している友達には悔しくて相談しにくいんですよね。

仕事だけでなく、特技も好きなこともない自分が、すごくつまらない人間に思えてしまってつらいです。自分の毎日が充実すれば、こんな風に卑屈になることもなくなるだろうから、今は夢中になれることを探しています」(事務職/30歳)

 

仕事にやりがいを感じられないときって、本当につらいですよね。自分を役立たずに感じることもあるかもしれません。コメントをくれた彼女のように、夢中になれることを探してみるのはとてもいいことだと思います。

ただ、人生は仕事だけではありません。確かに仕事をしている時間は一日の大半を占めていますから、働き方や内容はとても大切ですが、必ずしも好きなことを仕事にする必要はないと思うのです。

お金を頂く以上責任は持たなければならないけれど、条件重視(定時で上がれる、休みを取りやすい、給料がいい等)で働いて、趣味や恋愛などプライベートを重視する生き方だってアリ!

自分が人生に何を求めているのかを、周りと比較せず考えてみるといいかもしれません。

 

お金の悩みを、収入が高い友達には話せない

「収入の多い友達とはだんだん持ち物や服装に格差が出てきたので、自分の給料が少ないことについて相談しづらくなってきました。それどころか、海外旅行や高級なレストランにも誘われると、会うのすら億劫になってしまい……。気にせず誘ってきますが、収入の高い友達に会うと、なんだか自分に劣等感を感じてしまうんですよね。

今の仕事が好きだから、収入を増やすために転職するつもりもありませんが、昇進しても友達ほど稼げないことにジレンマを感じています。他人と比べなければ、コンプレックスを感じることもなくなるので、収入の多い友達とは距離を置こうかなと思っています」(アパレル/31歳)

 

確かに収入差があると、美容にかけるお金や遊び方なども変わってきて、話も合わなくなることってありますよね。会うのがしんどいと感じるなら、無理をして付き合い続ける必要はないと思います。自分や相手の経済状況、自分の心情が変わったりして、また親しくできるときが来るかもしれません。それまでの間少し距離を置いてみるのもいいのではないでしょうか。

ただ、もしこれから収入を増やしたいと考えている場合は、自分より収入の高い人と付き合うことは、いい刺激になる可能性もあります。今後自分がどうしたいのかをよく見極めてみて。

 

結婚に対する焦りや迷いを、既婚者の友達には話せない

「結婚したい、と焦っていたときは惨めな気持ちがして、既婚の友達に相談できませんでした。今はもう独身のままでもいいと考えが変わりましたが、結婚生活を否定しているように聞こえるんじゃないかと思い、既婚の友達とはさらに付き合いにくくなりましたね。

たぶん結婚したいという気持ちがまだ少しあり、迷いが出てしまうので自分と違う立場の人に話ができないのだと思います。気持ちをしっかり整理して、また気持ちよく付き合える関係に戻りたいですね」(ホステス/32歳)

 

価値観や生き方は人それぞれとは言いつつも、”生き方が違えばどこかでお互いの考えを批判してるんじゃないか”と勘ぐってしまうこともあるかもしれませんね。両方(独身と既婚)の悪い面ばかりにフォーカスしているから、違う道を選んだだけで友達を否定している、または友達に否定されているように感じるのではないでしょうか。

例えば「一生独身なんて寂しそう」、「結婚して自分の時間がないなんて女度が下がりそう」など……。リスクを考えることもときには必要ですが、一度両方の良い面ばかりを挙げて考えてみるのはいかがでしょう? そうすることで、自分もアリ、友達もアリ、と心から思えるようになるかもしれません。

 

いかがでしたか? 自分の人生に納得がいかないときほど、環境や価値観の違う人を受け入れにくいもの。自分自身のコンプレックスを解消し、人生を充実させることができればきっとまた、相談しづらくなった友達とも、それぞれの違いを受け入れた上で親しく付き合うことができるのではないでしょうか。

愛子

愛子

コラムニスト/モデル

≫このライターの記事を読む

心理学検定1級/ダイエット検定1級。イベントの司会、ウェブ番組のMC、ウェブ広告モデル、ファッションショーなどを経験。投げ年溜め込んだダイエット知識に心理学をプラスして、コラムニストとしても活動中!


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ