ライフスタイル

2013.08.13 UP

30歳独身OLの貯金事情 ~お金より信用を大事にしなさい!~


L05

世間であまり大きな声では語られないことの1つに、アラサーOLのWワークがあります。昼間のOLの仕事だけでは、貯金が思うほどできないので、夜、ナイトワークでアルバイトをして貯金を増やしている女性。

最近、増えていると聞きます。水商売系の求人広告屋さんは、この不景気の時代に、売上が伸びているんですって。しかもアラサー女性のバイト応募が多いんですって!

30歳を過ぎれば、「結婚するまでに500万円は貯金しておきたい」とか「常に預金通帳に300万円以上ないと落ち着かない」と思う女性の気持ちもわからなくはありません。男、稼ぎが減っていますしね。結婚してから、貧乏生活というのもイヤですよね。

でも、30歳を過ぎれば、お金より●●を大事にしないと、ヤバくね? というお話をしましょう。

お金より信用

ご存知のとおり、一度手にしたお金は減る可能性が高いものです。無理をしてWワークをしても、体調を崩してお仕事を休んでしまえば、収入がなくなり貯金は減ります。減るものをいくら追いかけても、それは減るわけですから、キリがありません。
常に減る心配と隣り合わせに生きるハメになります。すると、ギスギスした淋しいお顔立ちになります。心配ごとって顔にすぐ出ますからね。

お金より信用です。信用を貯金し続けると、困ったときに助けてくれる人が出てきます。それに一度築き上げた信用って、貯金ほど減りがはやくないのです。(そうですよね?)。

お金は大事ですが、お金より信用を貯金すると、考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

信用とは愛のことである

信用を貯金する方法は簡単です。信用とはなにか? に気づけばよく、それは「愛」でしょう。
昼間の仕事は、残業があっても断って、そそくさと夜のバイトに出かける。これで1日3万円でも4万円でも稼げることもあります。

しかし、それでは信用のない女性になりますよね。夜のバイトよりも安い残業代かもしれませんが、ここはひとつ、信用を貯金するつもりで、残業をしましょう。安月給の昼間の仕事を「愛」する。残業をお願いしてくる上司を「愛」する。

人は、じぶんが相手に渡したもの以上は手に入らないようになっていると思います。逆に言えば、仮に無償であったとしても、相手に渡したぶんだけは、少なくともじぶんに返ってくるということでしょう。

お金は増えたら減る。しかし信用(愛)は、増えたら増えっぱなし。30歳を過ぎればお金より愛を大事にしないと貯金は減るかもよ! と思うのです。

ひとみ しょう

ひとみしょう

(小説家/作詞家/ANGIEシニアライター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ