ライフスタイル

2016.08.25 UP

大人気!NY発の朝食トレンド「朝ベジ」って?女性向けおすすめ3選


身体をシャキッと目覚めさせてくれる朝食。英語では「breakfast(ブレックファースト)」と呼ばれますが、この語源をご存知でしょうか?

「断食(fast)」を「やぶる(break)」ということで、寝ている間に失われたエネルギーや水分を、数時間ぶりに朝食で補うという意味合いがあります。

朝食を抜くと集中力の低下を招いたり、便秘がちになったり、さらには太りやすくなることも。忙しい朝でも、しっかり朝食を摂りたいものですね。

 

話題!NY発の朝食トレンド「朝ベジ」

食トレンドの発信地・NYをはじめとする海外では、野菜をメインとした朝食メニュー「朝ベジ」の人気が高まっているようです。

そういえば、ここ最近は海外の人たちが発信するブログやInstagramでも、カラフルな野菜中心のメニューを見かけることが多くなりましたよね。

生活者の意識・実態に関する調査を行うトレンド総研が、20~40代の女性628人を対象に「朝ベジ」に関する調査を行ったところ、対象者の9割が「朝ベジを試してみたい」と回答していることが分かりました。

これに加え「健康的である」(94%)、「ダイエット効果が期待できそう」(55%)、「雰囲気がおしゃれである」(53%)といった声があがっています。

 

海外で大人気の「朝ベジ」メニューとは?

それでは、どのような朝ベジメニューが人気を集めているのでしょうか?

海外の食トレンドに詳しい専門家によると、日本でもじわじわと人気上昇中なのが、NYやLAなどで注目を集めている「パワーサラダ」や「ブッダボウル」、「朝タコス(ブレックファーストタコス)」など。

「パワーサラダ」は野菜、フルーツ、たんぱく質などが一皿で摂れるボリューム満点の華やかなサラダで、「ブッダボウル」は野菜や穀物などを彩りよくボウルに盛り付けた栄養満点のサラダ丼です。

また「朝タコス」はトマトや玉ねぎなどの野菜にスクランブルエッグ、ベーコンなどをトルティーヤで包んだテキサス州生まれのメニュー。ブリトーのようなイメージです。どれもカラフルでボリュームたっぷりなのに、ヘルシーなところがいいですね!

これに加え、国内でもすっかり定着した感のある「スムージー」なども立派な朝ベジのひとつ。近頃は専門店ではもちろん、コンビニなどでもさまざまな種類のスムージーが販売されているので、利用している方も多いのではないでしょうか?

 

どうしてこんなに人気になったの?

アメリカでなぜ今、朝ベジの人気が高まっているのか、ちょっと気になりませんか?

専門家によると、この背景には、健康や美容によい食事を意識的に取り入れる「ヘルスコンシャス」な考え方が浸透しており、朝食にも「ヘルシーさ」を求めるニーズが高まっているのだそうです。

朝一番に野菜を食べる「ベジタブルファースト」を実践することで、急激な血糖値の上昇や食べ過ぎ防止にも繋がると言われています。「ベジタブルファースト」は、美容やダイエットに関心の高い、ヘルシー志向の女性たちを中心に実践する人が増えているようですよ。

また、カラフルでフォトジェニックな朝ベジはSNS映えしやすいことも、人気のひとつだとか。キレイで美味しそうな朝ベジは、誰かにシェアしたくなりそうですよね!

 

私は以前、カリフォルニア州に滞在しているときに、友人宅で「朝タコス」をご馳走になりました。市販のトルティーヤに、スクランブルエッグと野菜、チーズとお好みのソースを巻き込めば10分もかからずに作れちゃいます。トーストとベーコンエッグ、それにサラダを用意するよりも、ずっとラク。忙しい朝でもこれならマネできそうです。

朝はあまりお腹が空かない方は、ビタミンがたっぷり摂れるスムージーやコールドプレスジュース、カットフルーツなどもおすすめです。

誰かにシェアしたくなる、フォトジェニックな「朝ベジ」。毎日の習慣にしてみてはいかがでしょう?

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ