ライフスタイル

2014.03.02 UP

「最後まで残しておいた喜び」高齢出産して幸せになること。


幸せな「高齢出産」とその「リスク」

去年から同級生が結婚ラッシュ。

なんで今結婚したのかと聞くと返ってくる答えは、たいてい同じ。

子供が生まれることを考えたら今じゃない?

どうやら彼女たちは、これから生きるであろう60年間で「出産」がもっとも大きいライフイベントであると考えて、結婚を決意したようです。私に言わせてみれば、出産後の人生はどうするつもりなんだろう? と思う訳で。それはそれでリスクがあります。

そんなふうに感じてしまうのは、私のおばが30代で結婚し、高齢出産を経験しているからかもしれません。

 

おばは38歳で結婚し、高齢と言われる39歳・43歳で出産を経験しました。

高齢出産は流産する可能性が非常に高いそうです。彼女も1人目が生まれた後に、すぐ2人目が出来ましたが流産してしまったと聞いています。精神的にも辛い時期だったようで、祖母がおば夫婦の家に半年ほど通っていたくらいでした。

また、子供は成長し大きくなっていくにも関わらず、自分の体は小さくなり衰えていくので、子育ては本当に大変です。

ずぅーっと抱っこしてあげることも、運動会で一緒に走るのも、しんどいですから。それに加えて、同級生のパパさんママさんは10歳以上も年下だったりします。

子供のためにも、そこで「おばちゃん」の雰囲気を出さずに、若い父母に紛れても不自然じゃないようにする努力をすることも必要になってきます(お前のかあちゃん、おばさんなんて言われて子供がイジられるのは、避けなければ!)。

 

若くして出産するより、体の面でも、精神面でも、負担が大きいのは明らかです。それでもおばは、「高齢出産して、本当に良かった!」と言います。

学生の頃は分かりませんでしたが、大学を卒業して会社員というものを体験してから、私は初めてすこし、おばの気持ちが分かったような気がします。

 

仕事を始めると、1週間のうち7割は仕事にとられます。友達と遊んだり、趣味に楽しんだりする時間は、その合間に作らねばなりません。

おばの考えでは、仕事もプライベートも半人前のままで、味わい尽くしてないままで、子供を作るはもったいない! と。子供が出来たとしても、人生ってこんなに楽しいんだよと伝えきれない! と言います。

なぜなら、彼女自身が、中途半端に人生を楽しんだ経験しかなかったからです。

 

仕事もプライベートも楽しみ尽くしてから出産を選択すれば、子どもの成長が1番の喜びになりますし、子どもの一喜一憂を一緒に楽しみながら、ゆっくり過ごすことができます。たとえば給食だって、おばが小学生だった時とはずいぶん変わっているでしょうし、その話を子どもから聞くだけで、心から楽しむことが出来るようです。

高齢出産したからこそ、ちょっとしたことでも、子どもと一緒に楽しむ余裕が生まれます。

 

また、自立した子供が育つ率も高いと言えます。人生経験が豊富なぶん、子育てに関するOKラインが想像つきやすくなるようです。

 

こう考えると、おばはしっかりと人生設計をして、選択をしているなあと感じます。

キッチリ自分の人生も楽しみ尽くした後に、「女性としての最大の喜び」をしみじみ感じられるように、高齢出産。この判断を、周りから批判やプレッシャーを受けつつも下したおばを、私は尊敬しています。私自身も、結婚は早くても高齢出産がいいなと思っています。

 

しかし出産は自分1人だけでは決断できないもの。パートナーと話し合いを重ねて、自分たちが1番いいと思うライフプランを立てましょう。

その選択肢の1つに「高齢出産」を入れてみてくださいね。

人生の幅が、人生の楽しみ方が、変わってくると思います。

 

Photo by Pinterest

まみ。

辰巳 まみ。

おうちワーカー/Lifeライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ