ライフスタイル

2013.09.05 UP

総額なんと1億円!? ずっと独身で生きていくために「必要な金額」が判明!


 KT_3_20130825総額なんと1億円 ずっと独身で生きていくために必要な金額前編

シングル女子なら、必ず一度は経験したことがあるでしょう。「私、このままずっとひとりかも……。」という不安が頭をよぎったことが。

いつかステキな人に巡り合って結婚する! とは思っていても、今のところそのあてはないし、出会いもないし……。ならとりあえず独身を貫いたときに必要なお金くらいは知っておきたいもの。

実は、全部で1億円近く必要なんです!

いったい何にいくら必要なのか、一生シングルだった場合に備えておきたいお金について解説します。

 

1:病気・ケガをしたときのお金

今は元気でも、思わぬタイミングで病気やけがをしてしまったときには、治療費や入院費がかかります。

治療にかかる医療費部分は健康保険の対象となり、自己負担は3割ですみます。また、健康保険には『高額療養費』という制度があり、1カ月当たりの自己負担金額が一定額を超えると、超えた部分が後日返金されます。

しかし、保険がきかない治療の費用や差額ベッド代、食事代、入院に必要な日用品や交通費などは全額自分で負担しなければなりません。治療費や入院費は、病気やけがの内容によって大きく差がありますが、もし医療費が100万円かかる病気やけがで30日間入院したら、おおよそ30万円ほどは自己負担で必要になります。

また、現役中に入院をして仕事を休むと、その分収入もダウンします。会社勤めの方なら休んだ日数に応じて給与の一部が補てんされる『傷病手当金』が出ますが、フリーランスや自営業の方なら働けない分はそのまま収入ゼロになってしまいます。

病気、けがに備えて、生涯で200~300万円は貯めておきたいものです。

 

2:住まいのお金

シングルなら、住まいにかかるお金もずっと自分で支払っていくことになります。賃貸住まいなら、今住んでいる部屋にずっと暮らすのか? 途中で住み替えるのか? を考えておく必要があります。

賃貸物件は高齢になると借りられなくなることもありますが、少なくとも今の住まいで生涯借り続けたとしたら必要な家賃の総額は計算しておきましょう。マイホームを買うなら、住宅ローンの返済はもちろん、固定資産税や住まいの維持費がかかります。

また高齢になって、体に自由がきかなくなったときには、バリアフリー対応のリフォームが必要になることもありますし、一人で暮らすのが厳しくなることもあります。こうした場合には高齢者向けの施設に入る費用も必要です。

これら、生涯の住まいにかかるお金として、3,000万円から5,000万円はみておきましょう。

 

3:老後のお金

日本人女性は世界一長生きです。平均寿命は86歳ですから、60歳でリタイアしたとしても26年分の生活費をあらかじめ貯めておかなければなりません。現在は65歳から公的年金が受け取れますが、私たちがリタイアするころには今と同じようには受け取れなくなる可能性もあります。

長い老後の生活費は、平均で毎月23万円くらいといわれています。住居費を抜いても少なくとも15万円くらいは自分で用意しておいた方が良いでしょう。また、老後になると介護状態になることもありますし、病気にもかかりやすくなります。さらに、人生のエンディングにはお葬式もすることになります。生活費以外に、プラスアルファで300~500万円はあると安心です。

 

4:合計したらこんなに!

さて、ではこれらのお金を合計してみましょう。

1:病気・ケガをしたときのお金(200~300万円)

プラス

2:住まいのお金(3,000万円~5,000万円)

プラス

3:老後のお金

生活費(2,000万円)・介護やお葬式費用(300~500万円)

=合計金額約5,500~約8,000万円

 

病気やけが、住まい、老後のお金をトータルすると、その金額は少なくとも5,500万円から8,000万円に!

さらに、旅行や趣味を楽しむなら、その分のお金も必要になりますから、人によっては1億円ほど用意したいものです。

こんなに自分で用意しなきゃいけないの!? とますます不安になっちゃう人もいるかもしれませんね。でも、今のうちに現実を知っておけば、後になって慌てなくてすむこともありますよね。

一応「1億円」という数字を意識しつつ、30代以降の人生設計を構築してみてはいかがでしょうか。

加藤 梨里

加藤 梨里

マネーステップオフィス代表(ファイナンシャルプランナー(CFP R))、慶應義塾大学SFC研究所上席所員

≫このライターの記事を読む

ファイナンシャルプランナー(CFP R)、慶應義塾大学SFC研究所上席所員


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ