ハピネス

2016.08.08 UP

「完璧」な女性なんていない!他人と比べず、自分をもっと好きになる方法


仕事もプライベートも家族との関係も完璧にこなしているように見える女性。そんな人を見ると、「それに比べて私ときたら……」と落ち込んでしまうときってありませんか?

このモヤモヤした気持ちは、どうすれば取り払うことができるのでしょう。

 

あなたが思う「完璧な女性」ってどんな人?

「完璧な女性」と聞いて、どんな人を思い浮かべますか?

たとえば女優の北川景子ちゃん。顔も綺麗、スタイルも抜群、売れっ子女優、しかも旦那はイケメンで元総理の孫って……。「マンガかよ!?」とつっこみたくなるような完璧な女性です。

と、これは少々極端な例ですが、そこまでいかなくてもあなたの周りに一人はいるはず。仕事も恋愛も充実していて、誰にでも優しい。SNSの内容は充実しているし、全体的に女子力が高くて、非の打ち所がない完璧なあの子。なんだか一緒にいると引け目を感じてしまう……。

でも、考えてみてください。その子は本当に完璧なのでしょうか?

 

この世のものは、メリットとデメリットでできている

私が30年ほど生きてきて気がついたのは、「完璧なものはない」ということです。すべてのものに、メリットとデメリットがあります。地球を照らす太陽でさえパーフェクトではありません。太陽も、「みんなに好かれるぽかぽか陽気」と「暑過ぎて人を殺しうる日差し」があるのだから、表裏一体です

同じように、あなたが完璧だと思っている女性も、実際は完璧ではないはず。「あの子は悩みがなさそうだし」と、決めつけていませんか。彼女にも悩んでいることがきっとあるはず。あなたにそれが見えていないだけです。

あの北川景子ちゃんでさえ「周りから怖く見られること」に悩んでいるようです! まあ確かに冷たそうな雰囲気はあるかも……なんて思ったりしませんか。北川景子にも悩みごとはある。人生イロイロですよね。

 

他人と比べずに「自分の売り」を見つけよう

この世界は、メリットとデメリットがうまく調和されて作られています。「あの子は完璧なのに私は……」と心配する必要はまったくありません。比べる必要もありません。他人と比べるということは、他人の尺度で生きていること。自分の人生なのに、それってちょっと、なんだか変かも。

完璧女子と比べたり、完璧女子になろうとせずに、「私の売りは何だろう?」と考えてみてください。徹底的に考えるのです。すると、コンプレックスに思っていることが、案外「売り」になったりします。

たとえば私。独身であることがコンプレックスだった時代もありますが、「独身だから書けるコラムがある」ということに気がついてから、今では胸を張って「独身デース!」と自己紹介しています。身長が低ければ、デートで高いヒールを履けるし、胸が小さければ着物が似合う。一重だったらアジアンビューティーで外国人にモテるし、人見知りの人は奥ゆかしい女性なのです。

あの子と違うポイントを徹底的に考えて、自分の売りにしていきましょう。そのうち自分のことが好きになっていくし、他人と比べることがなくなります。コンプレックスも、考えようによっては意外と需要があるものですよ。

東 香名子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ