ハピネス

2014.03.01 UP

「こんな事で悩みたくない」職場の人間関係に悩んだ時の対処法


600709a4e79266aa6241cb2b1234d5e1

この時期になると、なぜかふしぎと、新しく始めたいことが湧きあがってきたり、いろんなものを新調しだしたくなったり、とにかく「整理」をして、まっさらで新しい気持ちになりたくなるのは、私だけでしょうか?

ファッションやインテリアなどは気軽に買えばいいし、ものを整理をしていても、鼻歌まじりになってしまうほど、すごく楽しくなります。だけど、「人間関係」で心に引っかかるものがあると……これがなかなか難しい。考えると憂鬱になるし、自分ひとりの問題ではないから動こうにも、投げ出そうにも、そう簡単にはいきません。

 

アンジー読者の皆さんの中には、働いている方もいらっしゃるかと思います。「職場の人間関係」、これまた厄介。

友人とは訳が違うものです。言いたいことをすべて飲み込んでニコニコしていることが、かならずしも良いとは言えないし、逆に言いたいことや自分の主張を言葉を選ばずにズケズケと言えば、上手くいかなくなることがほとんどです。

 

ありのままの私でいくわ!」なんて開き直っても、それが嫌みなく、周りから「**さんらしいね」なんて好意的に受け入れられるなんて、稀なことです。そんなキャラを確立できる人は、漫画の世界ではともかく現実世界では、きっとほんのひと握り。これはもう、神に授けられた一種の才能、天性です。一般人が真似しようったって、むずかしい話です。

 

ずいぶん前置きが長くなりましたが……今回は、私が人間関係で「さてどうしたもんか」と迷ったり悩んだときに実践している方法を紹介しようと思います。それはすごく簡単!

 

相関図を書く

それだけです。色々あれこれ主観的に考え始める前に、相関図を書いて、自分が客観的にどういう状況下に置かれているのかを見てみましょう。

できたら、次のステップ。

色々な可能性を考察してみる

あの人はこう思っているかもしれない」、「こことここは繋がっているかもしれない」、「この人は板挟み?」、「このひとが実はキーパーソンとなり得るのか!?」などなど多方面から可能性を考えて、いくつかの相関図を作ってみるんです。

それを並べて、なるべく客観的に、そして自分の感情はなるべく挟まずに意識してみると……ふだんの生活では見落としていたものが結構見えてくるし、冷静に分析できるものです。

そして、どんどん書き込んでいきます。この人はこう思っている。とかこの人とこの人との間にはこんなやり取りがあったとか。なんでもいいのでひたすら書き加えてみます。

そしたら最後。

 

相関図の中から一番可能性の高い物や理想的なものをピックアップ

この作業は、ちゃんと熟考してから選んでくださいね。その後、上手くまわっていない原因ではないか、と思われるところに、さらに赤で思うことを書き加えていきます。こことここが相性悪い、とか、そこにこの人が絡んだら上手くまとまるのではないか、とか、この人がかき乱しているからちょっと大人しくしててもらうには、とか。

 

あとは、それが実現するよう、自分が動くだけ。

ここまで行えば、客観的に思考することに努めてきたぶん、スッキリしているハズです。私の場合、解決の糸口が掴めた気がして、気が楽になって前向きになります。

 

策士スイッチをONにして、解決に向けて再スタートです!

なんで私がここまでしなきゃいけないのか……と思うこともあるかと思いますが、「もう、こんなことで私は悩みたくないのだ!」と結論からみれば自分のためだと思い、がんばりましょう

 

これ、たとえ解決策が出てこなくても、書き出すだけでも心が安定してきます。少なくとも、自分の中で悶々としているよりも、文字や図として書き出して、問題から距離を置くとずっと楽になりますよ。

私史上、No.1の成果を上げてくれています! ぜひお試しあれ。

 

Photo by Pinterest

eNA

eNA

(ファッション評論家/コラムニスト/ファッションイラストレーター)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ