ライフスタイル

2014.02.25 UP

30代女子のホームパーティー!スペイン人直伝パエリアの作り方


DSC_1598

三十路もそこそこ過ぎればある程度、経済的にも潤ってくるかと思います。だからといって、外食ばかりでは素敵女史から遠ざかってしまう可能性も。頑張りすぎる必要はないけれど、たまには友人たちを家に招待してホームパーティーを開いてみては?

 

ホームパーティーというと支度が面倒に感じるかもしれませんが、メインになる豪華な一品とサブメニューを2品程度用意したら(デパ地下でお惣菜を買ってくるというのもアリ)、クラッカーとチーズ&季節の果物またはポテトチップスに市販のサルサソースを揃えれば見栄えもボリュームもバッチリです。

メイン料理は今の時期なら熱々のチーズフォンデュ大皿に盛ったリゾットなどが華やかでオススメ。和食が得意なら彩りのよいちらし寿司手まき寿司などもよいでしょう。

今回はフライパンごとテーブルに出せる風味豊かな「シーフードパエリア」の作り方をご紹介します。

 

材料(4~6人分)

・ニンニク・・・3片

・オリーブオイル・・・50ml+20ml

・ハマグリ・・・6~8コ(砂抜きしておく)

・玉ねぎ・・・1コ(小さいものなら2コ)

・米・・・3合(480ml)

・トマト・・・大2コ

・イカ、海老などの魚介類・・・適宜

・パプリカ・・・1コ

・熱湯・・・800ml程度

・白ワイン・・・50~100ml

・塩・黒胡椒・・・適宜

・レモン・・・1コ

 

作り方

※米は調理する2時間以上前に洗い、ざるにあけて乾燥させておきます。エビは背腸を取り除いた後、片栗粉をつけてよく洗っておきます。

1. フライパンにオリーブオイルと包丁の腹で軽くつぶしたニンニクを入れ、弱火にかける。ニンニクが色付き、香りがでてきたら取り出す。魚介類を入れて中火で炒める。このとき白ワインを振ると香りよく仕上がります。塩・ 黒胡椒を振って取り出す。

 

2. 細切りにした玉ねぎパプリカ魚介類を炒め、塩を振って皿にとっておく。フライパンにハマグリを入れ、白ワインを注いで中火にかける。ハマグリの口が開いたら取り出しましょう。

 

3. 2にオリーブオイルを20ml注いで再び火にかけ、湯むきして細かく切ったトマトを入れて炒める。を加えてさっと炒めたら熱湯700~800mlと炒めておいた玉ねぎを入れ、木ベラで混ぜながら水分が少なくなるまで中火で5~7分間煮込み、塩大さじ1/2~1で味付けする。

ふたをしてさらに5分間煮込んだら一度火を止める。あらかじめ炒めておいたパプリカと魚介類をきれいに並べ、ふたをして中火で5~7分間蒸す。ふたを外し、5~10分間火にかける。芳ばしい匂いが漂ってきたら出来上がりです。

 

このレシピはパエリアの本場、スペインの友人から教えてもらったものです。友人は魚の頭で出汁をとっていましたが、うろこの処理などが面倒なためハマグリに変更。ほどよく出汁が出て、魚で作るよりも味に深みが出るように感じます。

テーブルにサーブする際はレモンを添えるのをお忘れなく!  レモンをたっぷり絞っていただくのが本場流だそうですよ。

 

パエリアは火を通しすぎるとリゾットのようにお米がやわらかくなってしまうので、火を入れるときには注意が必要です。といっても、神経質になりすぎると料理が楽しめなくなってしまうので気張らずに。何度か作ってみるとベストな状態がつかめるはずです!

 

Photo by Pinterest

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ