ライフスタイル

2014.02.17 UP

残念なおばさんにはなりたくない!平凡な毎日に変化を与える


nelson0203

帰りの満員電車の中でふと思う。「私の人生これでいいのかな」と。それを白黒つけたところで、何が起こるってわけでもないんだけど、ついジャッジしてみたくなる。そう感じるのは、「今の現状に物足りなさを感じているからだ」ということには、気づいているつもり。

 

電車のつり革広告から、目を引き上げて笑っているモデルの女性が「私の人生は最高よ! いいでしょ」と、いやみをいっている。目線を下げれば、小太りなオヤジがスポーツ新聞を見ながらニヤニヤしている。「おっと、あぁは、なりたくないぞ」。私はオヤジの香りを吸い込まないように、息を止めた。

 

単調な毎日にあきあきしたら、スパイスを加えてみるのはどうだろう? だれだって毎日おなじものを食べていたら飽きてしまう。そんなときには、スパイスを加えてみるのだ。たとえば、こんなスパイスたちを。

 

スパイス1、誰かに恋をする

いま彼氏がいても、いなくても関係ない。いつだって、恋をするとキレイになれる。気になるあの人のことを考えて、ドキドキしよう。浮気をすすめているんじゃない。恋する気持ちはいつだって持ち続けていて欲しいってこと。異性の目線を意識することは、あなたにセクシーなオーラを与えてくれるから。

スパイス2、いつもは読まない本を買う

本屋に行って、ふらっとひとまわりしてみよう。売れ筋ランキングコーナーでもいいし、フィクションコーナーでもいい。引き寄せられた本を1冊手にとって買ってみよう。その本に書いてある、たった一行の言葉があなたの人生を変えることだってあるかもしれない。

スパイス3、プチ旅行の予定を立てる

次の週末のプチ旅行の予定を立てるのはどうだろう? 最近は女性用の夜行バスも出ているし、国内線も手ごろな値段になってきた。行ってみたい場所というのは、自分が求めている何かを満たしてくれる場所。週末のプチ旅行があなたの人生にインスピレーションを与えてくれるはず。

スパイス4、ご無沙汰していた友達に連絡をとる

ずっとご無沙汰になっている学生時代の友人や昔の同僚、FacebookやLINEでつながっていない友人。特別な理由もなく、連絡をとらなくなっていた友人へ声をかけてみよう。そんな友人が、あなたに刺激を与えるおもしろいことをやっていたり、耳寄りな情報を持っているかもしれない。

スパイス5、ならいごとの体験レッスンを受ける

レッスン料のことや、本気で続けるかどうかはさておき、興味がある習い事の体験レッスンを受けに行ってみよう。自分が思っていた以上にはまってしまうことだってあるかもしれないし、こんなもんかって満足して終わるかもしれない。無駄なことは何もない。起こした行動は必ず次につながっていくはずだから。

スパイス6、住んでみたかった賃貸物件を下見する

いつか住んでみたかった憧れの街の賃貸物件を見に行こう。住むところが変わると、行動範囲が変わる。下車駅も変わるし、歩く道の景色も変わる。行きつけのお店が変り、すれ違う人も変わる。そういう変化が、気づくと人生そのものを変えていたりする。

スパイス7、何かに応募する

ダメもとでもいいから、転職先の公募やオーディションなど、ずっとチャレンジしてみたかったものに応募してみよう。応募っていうのは、人生を大きく変えてくれるチャンスが眠っている。「やっぱりダメか~」ってなるかもしれないし、新しい道が開けるかもしれない。どうなるかはわからないけど、応募する前からあきめている人は、決して後者にはなれない。チャンスはつかもうとしている人にしか、めぐってこないものだから。

 

ご紹介したものの中に、加えてみたいスパイスはあったでしょうか?

ほかにも、あなたの特製スパイスを加えてみよう。加えすぎてしまったら、作り直すことだってできる。毎日同じものを食べてウンザリしているより、スパイスの効果でメリハリがあったほうが、確実に味のあるいい女になれるから。さぁ、スパイスをほどよく混ぜ合わせ、味わいのある人生にしようじゃありませんか。

 

Photo by Pinterest

Airi

Airi

(海外在住ライター/コラムニスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ