ライフスタイル

2016.07.19 UP

夏にぴったり!アメリカ流【キムチ】の意外な食べ方とは?


アメリカでは今、キムチが人気上昇中です。アメリカ人が大好きなチーズや牛肉と相性がよい上にヘルシーということで、ロサンゼルス、サンフランシスコなど西海岸でトレンドに。今ではアメリカ全土に広がっています。

食べ方はお米文化の日本や韓国とは違って、アメリカならではの独自路線。そこで、アメリカで人気のキムチを使ったメニューを紹介します。マンネリしがちなキムチの新しい使い方のヒントに!

ピリ辛の仕上がりになるから、夏にもぴったりですよ。

 

キムチ×フライドポテト

Photo by Pinterest

フライドポテトにキムチ、ソース(マヨネーズとケチャップを混ぜたものやサワークリーム、ランチドレッシングなど)、薬味(長ネギやパクチー)をトッピングしたもの。焼肉をのせたがっつり系もあります。キムチとソースの味がフライドポテトにしみて、ジューシーな味わいに!

おうちで作る場合はファーストフードのフライドポテトや冷凍食品でOK。できるだけ熱々のフライドポテトにトッピングして。

耐熱皿にフライドポテト、キムチ、ソース、とろけるチーズをかけて、トースターで5〜6分程度加熱するのもおすすめです。

 

キムチ×ハンバーガー

Photo by Pinterest

ハンバーガーにキムチを挟むという使い方。ようはピクルスの代わりです。

焼肉でおなじみのキムチと牛肉のコンビ。ハンバーガーのパティに合わないはずがありません。チーズも加わると、バンズとの組み合わせに全く違和感がないんです。

Photo by Pinterest

ホットドッグにもキムチをトッピング。ケチャップやマスタードのほか、マヨネーズをかけると味のバランスが整います。

どちらもフードトラックで人気のメニューです。

Photo by Pinterest

アメリカのママの味「マッケンチーズ(マカロニ&チーズ)」。これにもキムチを加えちゃいます。

意外な組み合わせですが、日本人にとっては若干クリーミーすぎる(私の個人的な感想です)マッケンチーズが、キムチの辛さと酸味でピリッとしまります。

ここでもやはりお肉を使うのがおすすめ。作り方はこちらです。

 

【材料】(2人分)

マカロニ・・・ 200〜220g

ベーコン(または牛ひき肉、豚ひき肉)・・・150〜200g

オリーブオイル・・・大さじ1/2

にんにくのみじん切り・・・大さじ1/2

キムチ(細かく切る)・・・200g

万能ネギ(小口切り)・・・2〜3本

みりん・・・大さじ1/2

小麦粉・・・大さじ1

牛乳・・・250ml

ピザ用チーズ・・・120g

塩、こしょう・・・適量

【作り方】

1. マカロニをゆでます。

2. 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて中火で熱し、キムチ、ベーコンを加えて2〜3分炒めます。みりんを加えてさらに2分ほど炒め、小麦粉をふりかけてよく炒め合わせましょう。

3. 少しずつ牛乳を加えて混ぜ合わせ、弱火で2〜3分煮詰めます。ピザ用チーズを加え(20g程度とっておく)、溶けたところでマカロニを加え、塩、こしょうで味を整えます。

4. 耐熱皿に3を入れ、残りのピザ用チーズをかけて、トースターで5分ほど加熱。万能ネギをちらす。

 

意外な使い方はほかにもいろいろ

Photo by Pinterest

ピザにもキムチを使います。

ピザ生地にトマトソース、ソーセージやサラミ、キムチ、チーズのせたマルゲリータ風のものから、BBQソースやテリヤキソース、焼肉のタレ、みそなどを使ったアジアンテイストのものまでいろいろ。料理ブロガーの投稿も増えているよう。

Photo by Pinterest

また、アメリカ人が大好きなメキシコ料理にもキムチを。タコスの上にトッピングしたり、ブリトーの具としてキムチチャーハンをサルサ、レタス、チーズ、サワークリームなどと一緒に巻きます。

特にメキシコ系、アジア系アメリカ人の多いカリフォルニアでは、フードトラックやデリメニューとして人気。

 

うまみ成分たっぷりのキムチは、アメリカンフードとも好相性。チーズとお肉が使われている、ほとんどの料理と合うようです。

先入観を持たず、キムチの洋風な使い方にぜひチャレンジしてみて。バリエーションが広がるはず!

(レシピ制作:Nora)

Nora

Nora

アメリカ在住フリーライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ