ハピネス

2016.07.12 UP

今年のボーナス、どう使う?一回り「成長」できるボーナスの使い道第3選


今年もボーナスの季節がやってきました!

30代女性の平均ボーナスは一説によると、年間40〜60万だそう。夏と冬の2回に分ければ一回の額は20〜30万円。貯金して、おいしいものを食べて、旅行して……。楽しみ方はいろいろです。

中には、今年はいつもと違うことにお金を使いたいという人もいるかもしれません。そこでおすすめしたいのが「自分の成長につながるお金の使い方」です。「私、一皮むけたかも!」そう実感できる使い方をご紹介します!

 

自分が「わくわくできる」こと・ものに使う!

「毎年ボーナスで買おう(やろう)と思ってるけど、いざとなると迷っちゃって……」こんな人はいませんか?

ずっと前から気になっていて、まだ手にはいる(できる)ものは「縁があるもの」だと私は思います。目にした瞬間から忘れられなかったジュエリーや時計などの高級品、五つ星ホテルでの宿泊など「もしかしたら、無駄遣いになっちゃうかも」と普段ためらっていることにボーナスを使ってみましょう

すると、ずっとくすぶっていた気持ちが一掃されて、意外なほどスカッとした気分に! 自分で大きな決断をすることで、ものごとを決めることに自信がもてるようになり、仕事への積極性にもつながります。

 

自分じゃなく「誰かのため」に使う!

プレゼントやお礼の品を買う、家族においしいものをごちそうするなど、誰かのためにお金を使うと誇らしい気持ちになりますよね!

ちょっと落ち込んでいるときも、「私は人のためにまだやれる余裕がある」と心に言い聞かせることができます。自分では意識していなくても、その行動は「気持ちのいい人」という印象を周囲に与え、結果、人脈も広がります。見返りを求めないお金の使い方は、信頼の積み上げに一役買ってくれるはずです。

普段は賢く節約していても、たまには菩薩になった気分で、誰かのために惜しみなく使ってみるのもいいですよ。

 

「近い未来」のために貯金する!

結婚、老後、万が一の備えなどに向けてすでに貯金している人も、今回からは「近い未来にしたいこと」のための貯金を始めてみてはいかがでしょうか。

株を始めるための運用資金、海外留学の資金、専門知識を学ぶための学費など。必ず実現させたいことのために貯金をすると、実現させるための目的意識が芽生えて仕事にも張り合いがでます。そうした姿勢は仕事のモチベーションアップにもなり、「この人の仕事ぶりはいつも上を見てる感じがする」と仕事での評価につながることも。

私の友人は本業のかたわら、起業するための準備と資金づくりをボーナスを利用しながら着々とすすめ、2年でやりたかった夢を実現! 忙しそうですが、会うたびパワーをもらえています。

 

いかがでしたか? 対象は違っても、決断力に自信がついたり、気持ちに余裕をもてたり、仕事に前向きになれたりと、自分の成長に役立つお金の使い方をご紹介しました。

いつもと違うところにお金を使ってみれば、新しい自分と出会えるかもしれませんね。

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ