ハピネス

2016.06.27 UP

まるで本物のブーケ!ビジュアル系”サンドらず”の作り方とは


Slack_for_iOS_Upload-3

現在人気沸騰中の、食材をはさまずにくるっと巻く”サンドらず”。見た目の可愛らしさからSNSにアップする人も多くいらっしゃいますね。

通常のサンドイッチのように、BLTや卵サンドにするのもいいけれど……、ある食材を取り入れて、”本物のブーケ”のようなビジュアルに仕上げるのはいかがでしょうか?

そのキーアイテムとなるのが、お花野菜”エディブルフラワー”。華やかだから、アウトドアパーティーはもちろん、大切な方のおもてなしパーティーにもおすすめですよ!

 

レシピ1:サーモン&アボカドサンド

Slack_for_iOS_Upload-1

Photo by Sayaka Mikami

エディブルフラワーとサーモンの色味で華やかな印象に。ワックスペーパーを巻いておめかしするのもポイントですよ。

ドレッシングは、お好みのものを選んでみてください。私はレモンの酸味がおいしいコールスロードレッシングをあわせましたが、バジルドレッシングもおすすめです。

 

【材料】1枚分

胚芽食パン・・・1枚

グリーンカール・・・1/2枚

ベビーリーフ・・・2〜3枚

スモークサーモン・・・2枚

クリームチーズ・・・10g

たまねぎ・・・5g

黄・赤パプリカ・・・各5g(1cm角1本分)

ブロッコリースプラウト・・・適量

バター・・・適量

エディブルフラワー・・・1輪

ワックスペーパー・・・1枚

好みのドレッシング(今回はコールスロードレッシングを使用)・・・適量

アボカドディップ・・・10g

【アボカドディップの材料】(作りやすい分量)

アボカド・・・1/2個

ライム果汁・・・大さじ1/2

EXVオリーブオイル・・・大さじ1/2

塩・・・少々

 

【作り方】

1. アボカドディップを作ります。

アボカドに包丁を入れて半分にカット。中身をボウルに入れ、フォークの背などで潰します。

アボカドの食感を損ねないように、潰しすぎないのがポイント。ライム果汁、EXVオリーブオイルを加えて混ぜ、塩で味を整えます。

2.たまねぎはスライス。グリーンカール、ベビーリーフは洗ってボウルに冷水をはりしばらく浸しておくとしゃきっとします。しゃきっとしたら水気を切りキッチンペーパーでふきます。

黄・赤パプリカは1cm角にカットします。スモークサーモンは1枚をくるくると丸め、それにもう1枚をふんわりと覆います。胚芽食パンの耳は切っておきます。
Slack_for_iOS_Upload

Photo by Sayaka Mikami

3.下を折り曲げたワックスペーパーの上にバターを塗った胚芽食パンを置き、グリーンカール→ベビーリーフ→スモークサーモン→クリームチーズ→アボカドディップ→たまねぎの順にのせたら、ドレッシングをかけます。

さらにブロッコリースプラウトと黄・赤パプリカをのせたら、ワックスペーパーとパンを手巻き寿司のようにくるりと巻きます。

4.ワックスペーパーをセロハンテープでとめ、エディブルフラワーを野菜の隙間に添えたら完成。

 

【食材について】

今回は、美肌効果ばっちりの食材をチョイスしました。

アボカドは、代謝アップ、消化と吸収を促すビタミン群、ミネラルなど栄養抜群だとか。アボカドとオリーブオイルには、健康にも美容にもよい脂が含まれています。血中の中性脂肪や悪玉コレステロール量を調整してくれる効果も期待できるようです。

また、赤パプリカも優秀な美肌野菜。美白効果のビタミンCが、レモンの2倍! ビタミンEはピーマンの5倍! アスタキサンチンという強い抗酸化物質を含むサーモンも、肌の透明感やハリを出すのに◎。たまねぎは、血液サラサラ効果も。

 

レシピ2:ベジタブルフラワーブーケサンド

Slack_for_iOS_Upload-7

Photo by Sayaka Mikami

エディブルフラワーの華やかさを引き立てる野菜をたっぷりはさんで。材料は野菜のみだから、ベジタリアンの方にもおすすめですよ。

ワックスペーパーは、写真のように色違いのものを2枚使っても◎。

ドレッシングは、人参ドレッシングをあわせてみました。醤油ベースのさっぱりとした和風ドレッシングもおいしいですよ。野菜のみのサンドなので、どんなドレッシングも相性ばっちり。

【材料】

ライ麦パン・・・1枚

グリーンカール・・・1/2枚

ベビーリーフ・・・2枚

スイスチャード・・・1枚

スライスしたきゅうり・・・1枚

黄・赤パプリカ・・・各5g(1cm角1本分)

スライスしたトマト・・・1枚

アボカドディップ・・・10g(作り方はレシピ1を参照)

アルファルファ・・・適量

エディブルフラワー・・・1輪

ワックスペーパー・・・1〜2枚

キャロットラペ・・・適量

【キャロットラベの材料】(作りやすい分量)

人参・・・1本

塩・・・少々

A EXVオリーブオイル・・・大さじ1

A くるみオイル・・・大さじ1 (なければオリーブオイル)

A シェリービネガー・・・大さじ1/2 (なければ、りんご酢など酢)

A 白ワインビネガー・・・大さじ1/2

A レモン果汁・・・小さじ1

A 胡椒・・・適量

 

【作り方】

1.キャロットラペを作ります。Aの材料をボウルに入れてドレッシングを作ります。よく洗った人参を千切りにします。ボウルに入れて塩をふり、しんなりしてきたらAを加えてよく混ぜ合わせましょう。

保存容器にうつして一晩寝かしてマリネにします。

2.グリーンカール、ベビーリーフは洗って、ボウルに冷水をはりしばらく浸しておきます。しゃきっとしたら水気を切りキッチンペーパーでふきましょう。

黄・赤パプリカは1cm角にカット。トマトはスライスして、種を取り除きます。きゅうりはピーラーで縦にスライスします。ライ麦パンは耳をカット。
Slack_for_iOS_Upload-8

Photo by Sayaka Mikami

3.下の部分を折り曲げたワックスペーパーの上にパンを置き、グリーンカール→ベビーリーフ→スイスチャード→黄・赤パプリカ→キャロットラペ→アルファルファ→アボカドディップ→トマト→ドレッシングの順にのせます。

ワックスペーパーとパンを手巻き寿司のようにくるりと巻きます。

4.ワックスペーパーをセロハンテープでとめ、くるくると巻いたきゅうりとエディブルフラワーを野菜の隙間に1輪添えたら完成。

 

【食材について】

人参は美肌のもとであるβ-カロテンが、緑黄色野菜の中でもトップクラス! β-カロテンは皮のすぐ下に多いので、人参はできるだけ皮をむかずに調理するのがおすすめ。

β-カロテンは免疫力をアップ、粘膜を強くしてくれるので肌荒れにも効果があるようです。食物繊維も豊富で腸内すっきり。

キャロットラペは冷蔵庫で5日ほどもつので、時間のあるときにまとめて作っておくと便利。マリネする時間が長いと味もしみておいしさが増します。

プラスしてレーズンを加えるのも定番ですし、くるみを入れてみたり、ディルやハーブを足したり、クミンなどのスパイスを足すなど、自分好みの定番を作ってみてくださいね。

アルファルファには食物繊維が豊富で、むくみを予防・改善する効果があるだとか。サポニンという強い抗酸化作用に、女性ホルモンを分泌させるイソフラボンも含む女性にうれしいお野菜です。シャキシャキとした食感がおいしい上にヘルシーで栄養価満点。

トマトのリコピンのアンチエイジング効果については、いわずと知られていますね。日差しが強く紫外線が気になるこの季節、メラニンの生成を抑えて白い美肌を作るといわれているリコピンは欠かさず摂取したいですね。ビタミンCやカリウム、カロテンもたっぷり。

 

今回使用したお花野菜エディブルフラワーは、珍しい”フリルパンジー”。東京都清瀬市で横山園芸を営む、横山直樹さんが愛情を込めて無農薬で育てているもの。鮮やかな色と、ふりふりの花びらが可愛らしく、豊かな香りがあるため、女子会に出せば注目の的になること間違いなし!

無農薬のお花野菜は、農薬を使っているものよりも栄養価が2倍近くあるのだとか。フリルパンジーの栄養価は、なんとビタミンCの量がホウレン草の4倍、食物繊維も豊富。エディブルフラワーは、ファイトケミカルという抗酸化物質が含まれているので、美肌効果も◎。

 

いかがでしたか? ふんわりと、華やかなブーケサンド。さっそく作ってみてくださいね。

※参考:農林水産省,野菜ナビ栄養成分表

(トップ画像・レシピ作成:Sayaka Mikami)

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ