ライフスタイル

2014.02.16 UP

リスクがあっても高齢出産できた私はラッキーなのか!?


634b40d95751453b22d69f538a6650fd

わたしは38歳のときに第二子を産みました。立派な高齢出産ですね。

今でこそあまり珍しくなくなった高齢出産ですが、珍しくないからといってリスクがないわけでも、しんどくないわけでもありません。出産も育児もアラフォーの老身にはきつい。これは事実です。

でもね、それでも産むことができれば、それだけでも幸運なのかもしれません。

 

アラフォーの妊娠は、まさに授かり婚~高齢出産とリスク~

今年40歳を迎える私の周りには、昨年からラストチャンスとばかりに30代のうちにと、子作りに励む女性が増えました。既婚、未婚に関係なく、です。

やっぱりひとりくらいは産んでおきたい」、「産まない。ファイナルアンサー? って聞かれたら、即答できない」、「妊娠できたら、結婚する

 

アラサーのみなさんは、40歳間際にもなって、こんな風にあがく姿をみっともないと思うでしょうか。でも、5年後、10年後、同じ状態にいないと言い切れますか?

産むのか産まないのか、その前に、妊娠できるのかできないのか、もう相手は誰でも良いから、妊娠したい。たぶん、高齢出産の最大のリスクは、妊娠しなかったときに、産むことを諦められるのかという葛藤だと思います。

だから20代のみなさんも、今から考えてみて欲しい。産まない人生を受け入れることができるかどうかを。

 

キャリアも夢も捨てたくないけれど、出産はもっと捨てたくない ~高齢出産とリスク~

妊娠のせいで、キャリアも夢も諦めることになったら、旦那や子どものせいにするかもしれない。

そうならないように、結婚、出産前にやりたいことをやりつくせたら、それが一番良いけれど、人生ってそんなにシンプルじゃありませんから。産むことを先延ばしにしてきたアラフォー女性たちが、キャリアも夢も手に入れて、なおも幸せを実感できないでいるというのは、それほどに出産が女性に大きな影響を与えているからでしょう。

もう産まない、子どもはいらないと達観できるほど、誰もが強くはないのです。

 

「いつかは、私も子どもが欲しい」と思っている人は多いと思いますが、そのいつかが確約されている未来はないことを知っておいた方が良い。高齢になるほど妊娠と出産のリスクが上がることは事実です。だからこそ、妊娠したときが産みどきと、腹をくくることも、時には必要だと思います。

じゃあ私のキャリアはどうするの」と思うかもしれないけれど、出産が人生の次のステップになることだってある。森田文菜さんがこちらのコラムで言っているように。

 

東北大学大学院経済学研究科の「子ども人口時計」によると、このまま少子化が進むと2000年以内に日本人は絶滅するそうです。だから産めってことではもちろんないのだけど、迷うなら産むことをおすすめしたい。自分の子は文句なくかわいいとか、そんな綺麗ごとじゃなく、もっと自分のエゴの問題。

出産を諦めることは、そんなに簡単ではないのだから。

 

※参考: 日本の子供人口時計

Photo by Pinterest

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ