ライフスタイル

2013.08.29 UP

どこまで堕ちるか、女の人生!~絶望の先を見てみたくて~【第1話】


l201110261800

もがいてあがいて! 二股恋愛の果てにあるものとは?

 

みなさまはじめまして。

「ANGIE」で、主に恋愛記事を書かせていただいております、メルヘン可憐子です。

 

この度、なぜこんな無名ライターである私が連載なんぞ始めることになったかと言いますと……

「今現在二股かけられているから」

まさにこれです。

 

そう、わたしは今、二股かけられちゃっているのです。

いやもしかすると、二股どころではなく、三股、四股の可能性も十分にあります。

 

「私、二股かけられているっぽいので、それ、連載にしませんか?」と自ら提案したときのみんなの顔ときたら……。

「こいつ、暑さで頭イカれたんじゃないか」と誰しもが思ってたな、ありゃ。

でもスマン、みんな。私の頭がイカれてるのは今始まったことじゃない。

その経緯はおいおい話すとして。

 

でもさ、世の中の女性は、私ほどじゃないにしろ、少なからず心に闇を抱えてる人っていると思うんだよね。

 

この「ANGIE」は全体を通して、そんな彼女たちに「恋愛にはのめりこみすぎず、仕事がんばってかっこよく生きましょうね」って読者に伝えているけど、(少なくとも私はそう伝えてるつもりだけど)でもそんなことを書いている一方で、「現実そんなことってなかなかできないよなー」とも思っているんです、実は。

 

二股、不倫、束縛、恋愛依存、などなど、ANGIE的には「美しくない恋愛」にのめりこんじゃう女性は実は多くて、きっと彼女たちはとっても苦しんでいる。きっと、私と同じように。

 

でも、そこで私は思うんですよね。

 

それって本当にダメなの? 美しくない恋愛をしている女性は、みっともなくて情けないの? だとしたら、二股なんてかけられちゃってる私も、ちっともかっこよくないけど、その先に見えるのは、本当にみじめな結末なの?

 

だって私は過去に、それこそ綺麗な恋愛を、たくさんしてきたつもりだった。

かつての恋人たちは皆、私一途に愛してくれたけど、でも今は何も残っていない。

綺麗な恋愛だって、ハッピーエンドではなかった。

だとするのなら、とことん堕ちてみたっていいじゃない?

 

たいてい、みんな恋愛に苦しみはじめると、「こんなのもうイヤ!」ってなって、どこかで逃げちゃう。それは賢くて、正しい選択だと思うんです。だって、誰だって自分が傷つくのなんて、見たくないもんね。

 

だから、私という女がみんなを代表して、堕ちた女の顛末を見せてあげたいなー、なんて思うんです。願わくはそれが、みんなにとって、人生を踏み外さないヒントになれば、なんて思うんだけど、きっと、それはただの綺麗事なのかも。

 

本当は、私自身がいちばん、「堕ちたい」と願っているのかもしれません。

ひとりの女がとことん堕ちた先に何があるか……みなさんも、ちょっと見てみたいと思いません?

 

ですからどうかみなさん、「こいつ馬鹿だなー」なんて笑いながら、この連載、最後までお付き合いいただければ、私にとってこれ以上嬉しいことはないのです。

 

>>どこまで堕ちるか、女の人生!~絶望の先を見てみたくて~【第2話】

メルヘン 可憐子

メルヘン可憐子

(コラムニスト/エッセイスト)

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ