ハピネス

2016.05.20 UP

アラサー女子が贈るべき父の日プレゼントとは?


image

母の日と比べると、知名度がやや落ちる感のある「父の日」。父親よりも、母親の方が身近な存在と感じる人は多いでしょう。自分と母親の人生を重ねて、親近感を感じるからかもしれません。

一方、父親に対しては年齢を重ねるほどに距離を感じてしまう人が多いのでは? 父親の好みもわからないままに、なんとなく父の日のプレゼントを選んでしまった経験のある人もいるかもしれません。

でもせっかく贈るからには心から喜んでほしいですよね。さて、今年の父の日には何をプレゼントしましょうか?

 

モノには繋がりをプラスすべし!

image

父の日のプレゼントで人気が高いのは、お酒や衣類です。購入しやすい価格帯と、実用的ですぐに楽しめることなどが人気の理由のよう。

でもアラサーになったら、父の日のプレゼントにもひと工夫ほしいところ。おすすめは、繋がりを感じられる何かをプラスすることです。

2016年のプレゼントではタブレット端末の人気が高いようですが、事前にLINEの設定をしてから渡すのはいかがでしょう。面と向かってはなかなか会話をすることがなくても、LINEならもっと気楽にコミュニケーションができるのではないでしょうか。

離れて暮らしているなら、プレゼントやカードにプラスして自分の近況がわかるような写真を添えるのも良いでしょう。旅行などの特別な写真ではなく、日常の暮らしや職場の様子がわかる写真がおすすめです。

父親が娘の私生活を目にする機会は、年齢とともに少なくなる一方。娘の生活を垣間みることは、父親にとって新鮮な喜びになるでしょう。

LINEにしろ写真にしろ、日常をさらせるのは相手を信頼しているからこそできること。この機会に、父親との距離を縮めてみませんか?

 

思い出をプレゼント

父の日_2

年々、父親の老いのスピードの速さは加速していきます。いつまでも元気でいるものと思っていた父親との時間に限りがあることを感じて、戸惑ってしまった経験はありませんか? だからこそ、30代からは父親との思い出作りを意識したいものです。

父の日は、思い出作りにもぴったりな日。普段は二人で出かけることはなくても、父の日を口実に食事や旅行に連れ出してみましょう。親子水入らずで過ごす時間は、かけがえのない思い出になりますよ。

そんな思い出の積み重ねが、みなさんにとっても大切な宝物になるはずです。

 

超難関!ハグをプレゼントする?

父の日_3

同性の母親に比べて、父親とのスキンシップは年々少なくなっていきますよね。幼いころは父親にまとわりついて抱っこをせがんだのに、いつからか疎ましい存在になったということは、多くの女性が経験してきたことと思います。特に思春期以降は、手を握るどころか目を合わせることも少なくなる人も多いのではないでしょうか。

だからこそ、あえてハグをプレゼントするのはどうでしょう?

日本ではハグの習慣がないので改まってハグするのは恥ずかしいし緊張してしまうと思いますが、せっかくの父の日なので思い切って実行してみませんか? この先、父親をハグする機会が何度あるかもわかりません。

ハグが無理なら、肩をもむなどマッサージしてあげるのも良いでしょう。マッサージ器具を贈るのも良いのですが、娘の手のぬくもりに勝る癒しはありません。ぜひ、久しぶりにお父さんの背中に触れてみてくださいね。

 

今年の「父の日」は6月19日です。

日ごろは自分のことで精一杯という人も、たまにはお父さんとの思い出に浸ってみませんか。きっとそんな風に父親を想うことが、父の日の本当の価値なのでしょうね。

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ