ライフスタイル

2016.05.12 UP

こだわりのチョコが食べられる。急増中の”Bean to bar”とは?


チョコ

こだわりの素材を使った、”Bean to bar(ビーントゥーバー)”が世界的でブーム中。その波が日本にも押し寄せ、お店が続々とオープンしています。

今回は、そんな魅力満点のショップをご紹介! ぜひ訪れてみてくださいね。

Bean to barとは?

Bean to barとは、カカオ豆の仕入れ、選別、焙煎、摩砕、調合、成形など……チョコレートができるまでの製造過程を一貫して行うお店のこと。カカオ豆本来の味と香りを堪能できるのはもちろん、オープンになっている調理場をまるで工場見学のように楽しめるのが魅力です。

こだわりのチョコレートを使ったオリジナルデザートやドリンクも楽しめちゃいます!

 

Green bean to bar chocolate

photo01

Photo by Green bean to bar chocolate

こちらは、サロン・デュ・ショコラのディレクターが手がけた「Green bean to bar(グリーン ビーン トゥ バー)」。

 

IMG_1569

Photo by Sayaka Mikami

店内にはマダガスカルやブラジルなど、世界中から厳選したカカオ豆で作られたタブレット形のチョコレートがずらり。

原材料はカカオ豆とオーガニックシュガーのみで、カカオ豆本来の味や香りを活かして一つ一つ丁寧に作られています。砂糖もオーガニックのものを使用していることからも、身体のことをきちんと考えて作っているのが伝わります。

カカオ豆がチョコレートになるまでの工程を見ることができるLABOも併設。カカオ豆を一つ一つ形や状態の良いものを選別するところから、豆の焙煎、クラッキング、ラッピングまで全工程を一貫して店内で行っているため、ハイクオリティーで純粋なチョコレートに仕上がるのだそう。

私のお気に入りは、「マダガスカル+ニブス」と「ベトナム ラムドン」。

「マダガスカル+ニブス」

ニブスの食感がサクサクとして美味しい! どこかベリーのようなフルーティーな香りに、花やシトラスのような爽やかな風味がして、軽い口当たりです。

「ベトナム ラムドン」

お店で人気なのが、ベトナムのチョコレートだそう。スパイスやレーズン、ドライフルーツ、キャラメルの風味のバランスが良い、芳醇なチョコレートです。タブレットを何枚かチョイスして、食べ比べながら自分好みの国を探すのも楽しいですよ。

チョコレートのテイスティングなどのワークショップも開催されています。

 

IMG_1576

Photo by Sayaka Mikami

ホットチョコレートドリンクや、パン、焼き菓子などを食べられるイートインスペースもあり。「ボンボンチョコレート」は口に含んだ瞬間にふわりととろけ、心地の良い薫香が残ります。

チョコレートを使ったスイーツも季節ごとに変わるので、訪れるたびに新しい楽しみがありますよ。

 

Dandelion chocolate

8685b6b3b6c22eb918aeb08557c3ac5c_content

Photo by DANDELION CHOCOLATE

”ものづくりの街”として今話題の東京・蔵前エリアにあるのが、サンフランシスコ生まれの「DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオンチョコレート)」。

ダンデライオンのチョコレートは、厳選されたカカオ豆ときび砂糖のみで作られているのが特徴です。種類は、「ドミニカ産」「マダガスカル産」「ベネズエラ産」など、時期によって変わるそう。

タブレットチョコレートは一日の製造量が限られているため、売り切れることも多いそうです。来店する前に電話確認するのがおすすめですよ。

1階はファクトリーとスタンド。2階は木を基調としたソファ席もあるカフェスペースになっており、チョコレートをゆっくり味わえます。

 

IMG_5936

Photo by Eisuke Musashi

おすすめのスイーツは、チョコレートをふんだんに使った「ティラミス」と「ドゥルセ・デ・レチェ・バー」。

「ドゥルセ・デ・レチェ・バー」は、一番上にチョコレート、真ん中にキャラメル、一番下にクッキー生地の3層になっているケーキです。

どちらもカカオの香りと、ずしりと濃厚な味わいを堪能できますよ。

 

Minimal(ミニマル)富ヶ谷

567e71f97c27cde37d1f4fbe3d414258

Photo by Minimal

東京・富ヶ谷「Minimal(ミニマル)」は、カカオ豆の品質にこだわるだけでなく、トレーサビリティーまでも追求しているショップ。

タブレット形のチョコレートは、甘くコクのある「NUTTY」、みずみずしい「PRIMITIVE」など全部で8種類(季節により変動あり)。

チョコレートドリンクを作るためのフレークや卵黄や生クリーム不使用で、カカオ豆の味をストレートに堪能できる「プレミアムアイスクリーム」もあり! アイスクリームにも「NUTTY」、「SAVORY」、「FRUTY」といった、それぞれ違うチョコレートのフレーバーがそろいます。

 

mini11

Photo by Minimal

こちらの店舗の特徴は、チョコレートごとに詳しい説明が書かれたカードが付属していること。

カカオ豆の品種、原産地や使用している砂糖の種類だけではなく、収穫時期や焙煎時間、カカオの粒子サイズまで細かく明記されているのです! 国ごと、あるいは収穫時期や焙煎時間の違いを食べ比べてみるのも楽しいですね。

 

いかがでしたか? チョコレートの魅力にますます虜になりそうですね!

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ