ライフスタイル

2016.05.11 UP

実は栄養も◎!魅惑のエディブルフラワーレシピ


IMG_6954angie

食べられるお花”エディブルフラワー”。美しさだけでなく、栄養もたっぷりあることをご存知ですか?

目で見て美しく! 食べて美しく! 魅力満点のエディブルフラワーについてご紹介します。

エディブルフラワーって?

「edible」とは「食べられる」という意味。つまり食用花のこと。和食では、よく食用菊などが使われますね。

食卓を美しく彩るエディブルフラワーは、料理の香り付けや見た目の美しさだけでなく、野菜と同じようにビタミンなども豊富なんです! 種類によっては、野菜よりも栄養価が高いものもあるのだとか。

エディブルフラワーの種類は100種類以上もあるとのことですが、その中でも入手しやすいエディブルフラワーの栄養価を見てみましょう。

 

例えばバラはビタミンCが豊富で、美白効果が期待できます。ナスタチウムは、ビタミンAがほうれん草の5倍! ビオラは繊維質が豊富で、βカロテンがトマトの4倍も!

美しいだけではなく、美肌にも効果ありのエディブルフラワー。その魅力の虜になりそうですね。

 

エディブルフラワーの盛り付け

エディブルフラワーを使った華やかな盛り付けをご紹介します。のせるだけのお手軽アイデアばかりだから、真似しやすいはず。

 

c03bf15d945f76346b0eddb9d3d29c45

Photo by Pinterest

ボリジ、ナデシコ、ナスタチウムなど……。サラダの彩りに加えると、まるで春の野原のように! テーブル上も華やぐことでしょう。

 

4277e0df4b495f8d84725aac2ace50c8

Photo by Pinterest

魚だけだと、どうしても地味な見た目になりがちですよね。でも、ナスタチウムやローズマリーの花などのエディブルフラワーを添えればご覧の通り!

SNSにアップすれば、「いいね!」が増えるかも。

 

sping-cooking-with-edible-flower-5-e1458684590161

Photo by Pinterest

クッキーにビオラのエディブルフラワーをプラスすれば、友達へのサプライズプレゼントになりそう!

 

【レシピ】エディブルフラワーブランマンジェ

FullSizeRender-1

 Photo by Sayaka Mikami

おもてなしにもぴったりの、エディブルフラワーブランマンジェをつくってみましょう。

《材料》

エディブルフラワー・・・適量

■ブランマンジェ

└アーモンド・・・130g

└水・・・400cc

└塩・・・少々

└アガベシロップ・・・10cc

└てんさい糖・・・60g

└生クリーム・・・50cc

└ゼラチン・・・5g

└アマレット・・・20cc

■ゼリー

└水・・・200cc

└てんさい糖・・・20g

└アガー(なければゼラチン)・・・4g

《作り方》

1  アーモンドミルクを作りましょう。アーモンドを水(分量外)に浸します。アーモンドが水を吸うのでミネラルウォーターを使って。

一晩置いたら、ザルにとりアーモンドを水で洗います。アーモンドと水400ccをミキサーに入れて攪拌。

ボウルにザルとキッチンペーパーを2枚重ねて、粉砕したアーモンドを漉します。漉したら塩とアガベシロップをよく混ぜて味を整えます。

この行程をする時間がない場合は、市販のアーモンドミルク400mlを使ってくださいね。

2  鍋に、1で作ったアーモンドミルク200ccとてんさい糖を入れてひと煮立ちさせて、ゼラチンを加えて混ぜて溶かし火を止めます。

その後アマレットを加え、鍋を氷水に浸けながら、とろみがつくまで混ぜながら冷やします。

3  生クリームをボウルに入れて6分立てに。

4  残りのアーモンドミルク200ccと2と3を合わせて、こし器で漉しながら容器に注いで冷蔵庫で冷やします。

5  透明のゼリーを作ります。てんさい糖とアガーを水気のない容器に入れて、よく混ぜ合わせましょう。

鍋に水を入れてだまにならないように、先ほどのてんさい糖とアガーをかき混ぜながら入れて加熱します。軽く沸騰したら火を止め、冷まします。

ゼラチンよりもアガーの方が、透明感があるためアガーを使いましたが、ない場合はゼラチンでもok!

6  固まった4の上にエディブルフラワーをのせ、漉し器で漉しながら5を注ぎ、冷蔵庫で冷やせばできあがり。

 

花の香りを閉じ込めて・・・「エディブルフラワーバター」

IMG_6954angie

Photo by Sayaka Mikami

エディブルフラワーが余ってしまった……。 そんなときは、彩りのある「エディブルフラワーバター」にするのがおすすめです。

バケッドにお好みの野菜と、エディブルフラワーバターをトッピングして焼いたら、ブランチにもぴったり。冷凍保存も可能ですよ。

《材料》

エディブルフラワー・・・適量

バター・・・100g

レモン汁・・・10cc

塩・・・少々

《作り方》

1 エディブルフラワーを刻みます。バターは常温に戻しておいて。

2 刻んだエディブルフラワー、バター、レモン汁を混ぜて、ラップで丸く成形し、冷蔵庫で冷やします。

 

いかがでしたか? エディブルフラワーのある花生活を今日からはじめてみましょう。

※参考:農林水産省,『エディブルフラワー』久木倫子著

(トップ画像・レシピ制作:Sayaka Mikami)

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ