ライフスタイル

2016.04.24 UP

【神ワザ】一口コンロでもOK!「ニトスキ」で中華3品を同時に調理!


DSC03759

どんな料理もおいしく仕上がると話題の「スキレット」。ニトリなら500円弱とプチプラで手に入ると昨年から話題ですね。

洋風の料理を盛り付けるイメージが強いですが、今回は中華を一度に3品同時調理できるレシピをご紹介します!

一口コンロでも作れるように、しっかり段取りまでレクチャーしますね!

 

同時調理には「アルミカップ」がマストアイテム!

Aluminum bakeware cupcakes.

アルミカップがあれば、味が混ざりあうこともスキレットが焦げ付くことも回避できるので、餃子を焼きながら、時間差で肉みそ、かに玉を同時に調理できるんです。

餃子の皮も、スキレットなら焦げ付きにくいから同時調理に適していますよ。

モヤシを餃子にかぶせてさらに蓋をすれば、餃子を蒸し焼きしながら加熱できちゃいます。

 

さっそく作ってみましょう!

iStock_000017583787_Small
「餃子」と「ピリ辛肉みそモヤシ」と「かに玉」のレシピをご紹介します!

「餃子」の材料の一部を活用して「ピリ辛肉みそ」を作ります。3品で長ネギを1本使い切れるので、中途半端に残ることもありません。

餃子の餡にしっかり味つけをしているから、タレをつけなくてもおいしくいただけますよ。フライパンよりももちっとした食感に焼きあがるのも「スキレット」の魅力のひとつです。

 

今回焼く餃子は4つだけ。30個分作ったら、残りはラップに包んで密閉袋に入れて冷凍しておけば、2週間はおいしくいただけます。

かに玉は、ほんのり甘い甘酢あんかけがとろとろの卵に絡みます。ピリ辛肉みそはご飯のお共にぴったりなので、残ったらご飯にかけたり、おにぎりの具材にしてもおいしいですよ。ラップで包んで冷蔵庫に入れれば2日はもちます。

【餃子の材料】(30個分)

豚ひき肉・・・150g

長ネギ・・・1/3本

キャベツ・・・2枚

餃子の皮・・・30枚

A生姜チューブ・・・大さじ1

Aゴマ油・・・大さじ1

A酒・・・大さじ2

A鶏ガラスープの素・・・小さじ1

Aオイスターソース・・・小さじ1

A塩・・・少々

Aこしょう・・・少々

【ピリ辛肉みそモヤシの材料】(1人分)

モヤシ・・・1/4袋

豚ひき肉・・・20g

長ネギ・・・5cm

B生姜チューブ・・・小さじ1/4

Bにんにくチューブ・・・小さじ1/4

Bみそ・・・大さじ1/4

B豆板醤・・・小さじ1/4

Bオイスターソース・・・小さじ1/4

Bみりん・・・大さじ1/2

【かに玉の材料】(1人分)

卵・・・1個

長ネギ・・・約3cm

かに缶・・・1/3缶

C塩・・・少々

Cこしょう・・・少々

C酒・・・小さじ1

C酢・・・小さじ1/2

C生姜チューブ・・・小さじ1/2

【甘酢あんかけの材料】(1人分)

鶏がらスープの素・・・40ml(商品表記に従って水で割る)

酒・・・小さじ1/2

酢・・・小さじ1/2

砂糖・・・小さじ1/2

醤油・・・少々

塩・・・少々

水溶き片栗粉・・・小さじ2(水 小さじ1、片栗粉 小さじ1)

 

【餃子の餡の下準備】

DSC03668

Photo by Otonaka Sara

1. 長ネギ、キャベツはみじん切りにします。

2. 密閉袋に、豚ひき肉、Aを入れて粘りが出るまでよく混ぜ、1を加えてさらによくこねます。

 

DSC03689

Photo by Otonaka Sara

3.密閉袋の端を1cm程度切り落とし、餃子の餡を絞り出せるようにします。これなら手が汚れる心配もありません。

 

DSC03692

Photo by Otonaka Sara

4.餃子の皮に餡を絞り出して包みます。

今回焼く4つ分の餃子は、皮の表面が乾燥しないように、ラップをして焼く直前まで冷蔵庫に入れておきましょう。

 

【ピリ辛肉みそモヤシの辛みその下準備】

DSC03696

Photo by Otonaka Sara

1.長ネギをみじん切りにします。

2. ボウルにBを混ぜ合わせて、豚ひき肉、1を加えてよく混ぜます。

先に混ぜておくことで味が全体になじんで、味ムラや、味がなじむ前に肉に火が通ってパサパサになる、なんていう失敗を防げますよ。

 

【甘酢あんかけの下準備】

1. 水溶き片栗粉以外の材料をすべて混ぜ合わせます。

【かに玉のあんの下準備】

1. 長ネギは千切りにします。

2. 卵をボウルに割り入れ、白身を切るように溶き、C、カニ缶、1を加えてよく混ぜ合わせます。

 

餃子を焼きながら、ピリ辛肉みそモヤシ、かに玉のあんかけを作ります

DSC03709

Photo by Otonaka Sara

1.4つの餃子をスキレットの手前に並べ、餃子の周りにゴマ油大さじ1(分量外)をかけて弱火にかけます。

2. アルミカップをスキレットに置き、辛みそを入れて箸で素早く混ぜながら炒めます。

餃子を蒸すためのお湯を沸かします。水300ccを耐熱容器に入れて電子レンジに3分かけて。

3.肉の色が変わったらアルミカップごと取り出します。

 

DSC03723

Photo by Otonaka Sara

4. 餃子の上にモヤシをかぶせて、2のお湯を餃子の半分量まで入れて蓋をし、中火で5分ほど蒸し焼きにします。

5.甘酢あんかけを電子レンジ(600W)で1分加熱し、水溶き片栗粉を入れてよく混ぜてからさらに1分加熱します。

6.4の蓋を開けて、モヤシが透明になり火が通っていたら、モヤシだけ取り出します。

 

かに玉を作る

DSC03732

Photo by Otonaka Sara

7.新しいアルミカップをスキレットにおき、そこにゴマ油小さじ1(分量外)を入れてから、かに玉を流し込み、箸でぐるぐるとかき混ぜます。

8.卵が固まってきたら、火を止めてその上に5をかけます。

 

DSC03801

Photo by Otonaka Sara

10.空いているスペースにモヤシを入れて、その上にピリ辛肉みそをかければ完成! お好みで輪切りにした長ネギをかに玉にかけても。

 

面倒そうな中華も、スキレットなら3品同時に作れるなんてうれしいですよね。おしゃれだし、しかもスキレットのまま食べられるから洗い物も減っていいことづくし!

ぜひ試してみてください。

(レシピ/トップ画像:Otonaka Sara)

Otonaka Sara

音仲 紗良

フードコーディネーター&スタイリスト/エディター&ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ