ハピネス

2013.08.22 UP

30代男女必見!女性が結婚する男性に求める年収の理想と現実


hanayome

晩婚化の大きな要因のひとつが、「経済力の低下」といわれています。「結婚生活を続けていくだけの年収がない」「お金がないからモテない」という男性の悲痛な叫びもよく耳にしますが、一方で、実は別の要因が大きく絡んでいるようです。

それが、女性が男性に求めるお金のプレッシャー。独身女性が男性に求める年収のハードルが、どうやら高すぎるようなんです。詳しく見ていきましょう。

■女性の方がキビシイ!? 結婚相手に求める年収は男女で大差

結婚情報センターの調査によると、独身の男性が結婚相手の女性に希望する年収の平均額は、301.7万円。

これに対して独身女性が結婚相手の男性に希望する年収は平均682.6万円だそうです。女性が男性に求める水準は随分高いことが分かります。また、「ここまでなら許容範囲」という最低年収も、男性が女性に希望する金額は124.9万円なのに対して、女性が男性に希望する金額は427.0万円。

こちらも女性が男性に求める条件の方がかなり高いようです。

実際の男性サラリーマンの平均年収は、30代前半で434万円、30代後半で498万円(国税庁 平成23年分民間給与実態統計調査)。「本当はもっと高収入の人の方がいいけれど、平均くらいなら妥協してもいいかな。」というのが女性の本音のようですね。

■年齢がアップするほど妥協できなくなる!

しかも、女性が相手に求める年収のハードルは、年齢とともにさらにアップしていくよう。

20代では希望年収608.3万円、最低年収376.5万円だったものが、40代になると希望年収727.2万円、最低年収460.0万円と、いずれも約2割増になるのです。一方の男性ではそのような傾向は見られません。女性は年齢が高くなるにつれて、より男性の経済力を厳しくチェックするようになるのでしょう。でもこの結果、「年収にこだわればこだわるほど独身期間が長くなる」とも読みとれますよね?

 kt002

グラフ:独身男女が結婚相手に求める希望年収

 kt003

グラフ:独身男女が結婚相手に求める最低年収

■結婚で追いつめられるオトコ 安泰を手にするオンナ

さらに、「結婚をしたら、お金に関して安心しますか?」という問いに対して、「安心する」と回答した女性は74.3%に上るのに対して、男性は50.9%という結果も。逆に「不安になる」という男性が半数近くいるのです。結婚によって女性は安心を手に入れようとしているのに対して、男性は不安になるリスクを抱えていることの表れといえますね。

こうしてみると、どうやら女性は男性に対して“結婚による経済的な安定”を強く求める傾向があるのでしょう。そして、それが男性にとっては予想以上のプレッシャーになっているのかも。

結婚にお金のハードルを突き付けるオンナと、逃げるオトコ。

そんな構図が見えるような気が……。この壁を乗り越えて、経済的に安心で幸せな結婚をつかみ取るなら、自分が収入アップするか、あくまでも高収入の男性を狙い続けるか?なのかもしれません。あなたならどっちを選びますか?

【参考】

結婚情報センター

加藤 梨里

加藤 梨里

マネーステップオフィス代表(ファイナンシャルプランナー(CFP R))、慶應義塾大学SFC研究所上席所員

≫このライターの記事を読む

ファイナンシャルプランナー(CFP R)、慶應義塾大学SFC研究所上席所員


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ