ハピネス

2016.04.20 UP

「もうダメ…」恋愛で心が折れそうなときに効く3つの対処法


istock_000037962180_medium

春は出会いの多い季節です。新しい人間関係に刺激をうけているのは自分だけではなく、パートナーも同じこと。他の人に目移りしてしまい、これまでの関係が終わってしまうことも残念ながらあるかもしれません。失恋し、立ち直れないくらいの悲しみを抱えている人はいないでしょうか。

そんな人に試してほしいことがあります。それは「悲しいときは無理して笑わない」ことです。悲しいときは悲しむ、泣きたいときは泣く。

自分の気持ちと自然に向き合って、無理をせずに心をすっきりさせてみませんか?

 

悲しい音楽を聴いてみよう

iStock_000066975925_Medium

悲しいときは、リズムや音の響きが自分の感情とシンクロするような音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

・YUI「Namidairo」

YouTube(YUI 『Namidairo-short ver.-』)

・JUJU「この夜を止めてよ」

YouTube(JUJU 『この夜を止めてよ』)

・鬼束「月光」

YouTube(鬼束ちひろ – 月光)

 私は上記の曲をよく聴きます。失恋がテーマではない曲もありますが、前向きな歌詞でしめないところが共通しています。最後までトーンが一定なので「楽しいこと考えようよ!」という無理な押しつけがなく、安心して聴くことができます。

あえて悲しみにひたれる音楽を聴くことで、心の中に溜まったものを底から全部吐き出していきましょう。

 

誰かと一緒ではなく、一人で外食をする

iStock_000024762251_Medium

 仕事終わりに誰かを食事に誘ったり、飲みの誘いに応じることで、彼のことを「考えないようにする」人も多いでしょう。

私のおすすめは逆に「一人で外に食事をしに行く」ことなんです。一人で食事に行くと気持ちの切り替えが早くできることがあります。食べることは日常的な行為なので、平常時の「いつもの自分」に戻りやすくなり、気持ちを落ち着かせることができます。

誰かと会ったり食事をしたりすることでも気は紛れますが、それはあくまで非日常的なもの。一時は悲しみを忘れられても、心をすっきりさせることは私には難しかったです……

悲しいときは、意識して一人で食事を摂ってみてはいかがでしょうか。

 

夜の散歩で「家の灯り」を見つけよう

iStock_000023588211_Medium

私は「泣きたいなぁ」と思ったとき、家の近くをよく散歩します。以前、地面を見下ろしながらゆっくり散歩していたとき、ふと視線を上げるとアパートや一軒家の窓から灯りがもれていました。そのときに「あの家もこの家も人がいて、それぞれ生きていて、自分もその一人なんだよなぁ」と自分の存在が単純なものに感じられ、自然と前向きな気持ちになれることに気が付きました。

体を動かすことで頭がクリアになり、悲しい気持ちも薄らいでいったようです。夜の散歩は、じんわりと心をほぐす効果があります。

ただ、ここで注意してほしいのは「女性の一人夜歩きはとても危険」ということ。21時以降は夏でも暗いので一人歩きは控えましょう。大通りにそった道や商店街付近など人気のある比較的灯りの多い道を歩いて、公園などには入らないようにしましょうね。

 

彼に浮気された……。終わってしまった恋なんて、一刻も早く新しい恋の踏み台にしてやりましょう。今回ご紹介したのは、その一歩を踏み出すための心をすっきりさせる方法です。ぜひ参考にしてみてください。

すだ あゆみ

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ