ハピネス

2016.04.21 UP

有名カフェでも使われている。サンフランスコ発の器「ヒースセラミック」とは?


iStock_000075180111_Small

サンフランシスコ発で東京にも上陸した「ブルーボトルコーヒー」や、バークレーの有名オーガニックレストラン「シェ・パニーズ」でも使われるなど、地元で支持されている器ブランド「ヒースセラミック」。その品質、デザイン、使い勝手の良さに定評があり、日本でも人気が出始めています。

そこで今回は、ヒースセラミックの魅力をお伝えします。

 

マットな質感&アースカラーが特徴。和洋中どんな料理でも盛り付けがキマる

rim-environmental-5-731x607_1

Photo by Heath Ceramics

ヒースセラミックはサンフランシスコから車で30分ほどのサウサリートという街で、1948年に創業された陶器メーカー。今でもセラミックを型にひとつひとつ流し込んで、手作業で作っています。

プレート、ボウル、マグカップがメインでどれも形はシンプル&ミニマル。厚みがしっかりあって丈夫で、オーブン、電子レンジ、食洗機使用可能。程よい丸みがあり、素焼きのようなマットな質感です。

そして特徴的なのがアースカラー。グレー、キナリ、ベージュ、ブラウンなどの落ち着いたカラーは、料理を盛り付けるとどんなジャンルの料理にも合い、食材の色が映えるんです!

一見ほかにもありそうなシンプルなデザインですが、実際に使ってみると毎日使いたくなる不思議な安心感に気づきます。

 

heath02

Photo by Pinterest

サンフランシスコのおしゃれなエリア「ミッション」にあるフラッグシップショップ。器以外にもキッチングッズや家具などもセレクトされています。店内一角にはブルーボトルコーヒーも。

ヒースセラミックは、クリエーターやデザイナーにもファンが多いことで知られています。

 

地元サンフランシスコの有名カフェやレストランに愛される器

heath04

Photo by Pinterest

同じくサンフランシスコエリア発祥のブルーボトルコーヒーでは、ヒースセラミックのマグカップを使用。あたたかみのある質感とシックな色使いで定番人気です。

 

heath03

Photo by Pinterest

アメリカオーガニックフードの母アリス・ウォータースのフレンチレストラン「シェ・パニーズ」では、プレートやボウルが使われています。

ヒースセラミックとレストランがコラボ製作した「シェ・パニーズ・ライン」と呼ばれる商品は野菜料理が映えると評判で、特に料理好きに人気です。

 

日本ではBEAMSやアマゾンで。オフィシャルサイトから通販も可能

heath06

Photo by Heath Ceramics

日本ではセレクトショップの「BEAMS」、「Amazon」でもいくつか見つけることができます。

また、ヒースセラミックのオフィシャルサイトから直接ネット通販することもできます(英語のみ)。日本へのシッピングコストは72ドル〜と安くはありませんが、ラインナップが豊富でカラーバリエーション、今季の新作なども揃っているのでチェックしてみて。

 

オーガニックフード先進都市サンフランシスコのシェフ、フーディーズ、そしてクリエーターたちに愛される器ブランド「ヒースセラミック」は注目度大です。

Nora

Nora

アメリカ在住フリーライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ