ライフスタイル

2013.09.02 UP

やっぱり長財布!?お金が貯まるサイフの5つの特徴


即実践すべし!お金が貯まるサイフの5つの特徴

世の中には、お金に好かれる人とお金に嫌われる人がいます。

お金に好かれる人のところには自然とお金が集まって、豊かになります。反面、お金に嫌われる人はなかなかお金を貯めることができず、お金が足りない、と一生嘆くことになります。

実は、この違いはその人が持っているお財布を見れば一目瞭然!

いったいどんなお財布が良いのでしょうか? 年間300件ほどのマネー相談で、たくさんの人のお財布を見てきた筆者が、お金を上手にためている人のお財布に見られる特徴を5つご紹介しましょう。

 

■1:2つ折りではない長財布タイプ

お金を上手にためている人は、たいてい長財布タイプのお財布を使っています。お札が折れ曲がらずにまっすぐ入るタイプです。お金を折り曲げずにしまうことで、それだけお金を丁寧に扱う習慣が身につきます。そして、お金に好かれる体質になるようです。

 

■2:お札の向きが綺麗にそろっている

長財布に入っているお札は、たいていきちんと向きが揃えられています。肖像画が皆同じ方向を向いているんです。長財布は2つ折りの財布に比べて中が見やすいため、向きが違うと目立つからなのでしょう。

実はこれが大事なポイント! お札を綺麗に入れていると、お金がいくら入っているかわかりやすいのです。使ったときにも残りがいくらかがすぐにわかるので、無駄遣いをしにくくなる効果があるのです。

 

■3:クレジットカードは2~3枚

お金が貯まりやすい人のお財布にはたいていクレジットカードは2~3枚だけ入っています。無駄なカードは入っていません。ですから、あちこちのカードから引き落とされてお金が貯まらない、という事態にはなりません。少数のカードにまとめることで支出の管理もしっかりでき、ポイントも上手に貯められる、というおまけも付いてきます。

 

■4:ポイントカードやレシートが入っていない

お金が貯まらない、と嘆いている人には、一様にポイントカードやレシートを大量にお財布に入れている傾向があります。これは落とし穴! ポイントカードやレシートの厚みでお財布が膨れ上がって、お金があるような錯覚に陥ってしまうのです。

レジでお札を出そうと思ったらレシートだった、なんて恥ずかしい体験をした人もいます。お金を貯めるのが上手な人は、良く使うポイントカードだけをカードケースに入れて持ち歩き、レシートはすぐに家計簿に記録して処分しています。

 

■5:ある程度高価なお財布

数多くの社長さんを取材し、大ベストセラー本「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」の著者でもある亀田潤一郎氏によると、人の年収はお財布の値段の200倍になる傾向があるそうです。

「地位が人を作る」とよくいいますが、お財布がその人の財を作るのかもしれません。

また女性の場合は、お財布にこだわる人って多いですよね?

お気に入りのお財布を使うと、それだけでテンションが上がるもの。すると自然とお金も大切に扱いたくなる心理が働きませんか? もしかすると、入ってくるお金を大切にして、無駄遣いをしない、というお金への向き合い方の積み重ねが、自分の稼ぎ力、すなわち年収にもつながっていくのかもしれませんね。

 

いかがでしょうか?

些細なことばかりですが、どのポイントも「お金を大切にする」姿勢につながっています。お金と誠実に向き合うことで、無駄遣いも減りますし、収支も正しく把握できるようになるのです。それが、お金に好かれるポイントといえるでしょう。お金を貯めたいアナタ、まずは形から入ってみてはいかがでしょうか?

加藤 梨里

加藤 梨里

マネーステップオフィス代表(ファイナンシャルプランナー(CFP R))、慶應義塾大学SFC研究所上席所員

≫このライターの記事を読む

ファイナンシャルプランナー(CFP R)、慶應義塾大学SFC研究所上席所員


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ