ライフスタイル

2016.03.04 UP

女性ホルモン活性化!豆乳ヨーグルトを使ったビューティーレシピ選


slack_for_ios_upload_720

身体にいい菌を摂り入れて腸内を整え、美肌やダイエット効果を得られることで人気の「菌活」。特に注目を集めているのが”豆乳ヨーグルト”!

名前のとおり豆乳を発酵させて作られたもので、植物性の乳酸菌が含まれたヨーグルトのことです。ビーガンヨーグルトとも呼ばれています。

ヘルシーなのでダイエット中にも食べられるだけでなく、乳製品アレルギーの方やベジタリアンでもOK。今回はそんな、豆乳ヨーグルトを使ったスイーツレシピをご紹介します!

 

豆乳ヨーグルトのすごいところ

ヨーグルト1

まず通常の牛乳を使ったヨーグルトと比べて、低カロリーでコレステロールが0%なのが嬉しいポイント。

豆乳に含まれるイソフラボンによる女性ホルモンの活性化や、コレステロールの低下骨粗しょう症予防の効果も期待できます。

これもまた豆乳に含まれるオリゴ糖には整腸効果があり、生きた植物性乳酸菌がそのままお腹に届きます。うれしいことばかりですね。

あごまわりにポツポツできてしまう大人ニキビは、腸内環境が原因だともいわれています。植物性乳酸菌で腸内フローラを最適化して、ツルツル美肌を目指したいですね。

さて、そんなダイエットと美肌効果の期待できる豆乳ヨーグルトで、とっておきのスイーツを作ってみましょう。

 

豆乳ヨーグルトdeレアチーズ風ケーキ

slack_for_ios_upload_720-1

Photo by 三神さやか

ビタミンCたっぷりの苺とローズヒップで作った、甘酸っぱいコンフィチュール(ベリーソース)がアクセントのレアチーズ風ケーキです。

豆乳ヨーグルトを水切りし、レモンなどを加えることで、食感も味も本物のレアチーズケーキのように仕上げられます。

【材料】ガラスカップ3個分(直径5cm・容量120mlのものを使用)

豆乳ヨーグルト・・・400cc

豆乳・・・200cc

クッキーもしくはビスケット(直径6cmのものを使用)・・・6枚

ココナッツオイル・・・10cc

ゼラチン・・・10g

A甜菜糖・・・20g

Aメープルシロップ・・・20cc

Aレモン汁・・・20cc

Aバニラ・エキストラクト(なければバニラエッセンス)・・・ 少々

☆苺とローズヒップのコンフィチュール

└苺・・・200g

└冷凍ベリー 100g

└レモン果汁・・・10cc

└はちみつ・・・大さじ2

└ローズヒップ・・・6g

└水・・・50cc

【作り方】

1.ざるにクッキングペーパーを敷き、ボウルの中にセット。そこに豆乳ヨーグルトを入れてラップをした上に重しをして、冷蔵庫で一晩水切りします。

2.クッキーは保存袋に入れ、めん棒などで細かく砕きます。その後、湯煎で溶かしたココナッツオイルを入れてよくもみましょう。

3.2をガラスカップの底に敷きつめます。

4.水切りし終えた1と豆乳100ccとAをボウルに入れて混ぜましょう。

5.鍋に残りの豆乳100ccを入れて弱火で温めます。豆乳は強火にするとダマができやすいので、必ず弱火で! その後水でふやかしておいたゼラチンを入れ、溶けたら4のボウルに注いでよく混ぜます。

6.3のガラスカップに5を流し入れ、冷蔵庫で固めます。

7.コンフィチュールを作ります。苺はヘタをとり小粒であればそのまま、大きいものは縦半分くらいの大きさにカット。苺と冷凍ベリーにハチミツをかけて15分くらいおきます。

8.鍋に水をはり、沸騰させます。カップにローズヒップを入れてお湯を注ぎ、蓋をして5分蒸らします。エキスが出たら、ローズヒップの実は不要なので取り除きます。

9.別の鍋に7と8を入れ中火にかけ、沸騰してきたら火を弱火にして混ぜながら7〜8分煮ます。アクはこまめにとりのぞいて。最後にレモン果汁を加え、一旦火を止めて甘みが足りなければはちみつを加えて、コンフィチュールの出来上がり。

10.固まった6のチーズケーキの上に、冷ましたコンフィチュールソースをかけて完成!

 

豆乳ヨーグルトdeティラミス

slack_for_ios_upload_720

Photo by 三神さやか

下からクッキーのクラスト、豆乳ヨーグルトクリーム、カステラのクラスト、豆腐クリーム、ココナッツクリーム、ココアパウダーの層になっているティラミス。6層の深い味わいを楽しんで!

【材料】ガラスカップ4個分(直径5.5cm容量120mlのものを使用)

乳製品・卵不使用のクッキーもしくはビスケット(直径5cmのもの)・・・6枚

カステラ・・・4枚(1枚1〜1.5cm幅にカットしたもの)

エスプレッソ(もしくは濃い目に淹れたコーヒー)・・・100cc

ココアパウダー・・・適量

A 豆乳ヨーグルトクリーム

└豆乳ヨーグルト・・・150g

└甜菜糖・・・10g

└カソナード(もしくは三温糖)・・・10g

└メープルシロップ ・・・10g

└バニラエキストラクト(なければバニラエッセンス2滴)・・・10cc

└レモン果汁・・・ 10cc

B 豆腐クリーム

└絹ごし豆腐・・・150g(1/2丁)

└甜菜糖・・・10g

└メープルシロップ・・・10g

└ラム酒・・・10cc

C ココナッツクリーム

└ココナッツミルク・・・150cc

└メープルシロップ・・・15cc

└バニラエキストラクト(なければバニラエッセンス3滴)・・・10cc

└ココナッツオイル・・・10cc

【作り方】

1.クッキーは保存袋に入れめん棒で砕き、エスプレッソに浸して柔らかくします。

2.カステラはセルクル(洋菓子用の丸い型。今回は直径5cmのものを使用)で型を抜き、エスプレッソを刷毛でぬります。セルクルとガラスカップの大きさが合わない時は、まわりをカットしてガラスカップに入る大きさにしてください。

3.A、B、Cは材料をそれぞれ違うボウルに入れてハンドミキサー(なければホイッパー)で均一になるまで混ぜます。

4.ガラスカップの底に1を敷き詰めます。その上に、A→2→B→Cの順に入れていきます。

5.表面にココアパウダーを振りかければ完成。

 

いかがでしたか? キレイな肌を作るために、ちょっと一手間のスイーツを作ってみてくださいね。

ガラスカップは作りやすく保存や持ち運びにも最適なので、女友達と集まるホームパーティの手土産にしたら、喜ばれること間違い無しですよ!

(タイトル画像/レシピ制作:三神さやか 参考:日本豆乳協会,乳酸菌と腸内細菌

三神さやか

三神さやか

ビューティー&ヘルシー料理研究家

≫このライターの記事を読む

フードアナリスト/フードコーディネーター/食育インストラクター  身体の内側から健やかで美しくをテーマに、ビューティー&ヘルシー料理のレシピや、食の情報をお伝えします。


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ