ハピネス

2016.02.29 UP

【肩こり・頭痛・疲れ解消】オフィスで5分でできる「指ヨガ」


指ヨガ_トップ

パソコンに向かってデスクワークを続けていると、肩凝りに悩まされるのは日常茶飯事。

凝りかたまってしまったつらい肩凝りには、仕事の合間にデスクで手軽にできる「指ヨガ」がおすすめですよ。忙しい年度末のこの時期には必見です!

 

誰にもバレずにできる「指ヨガ」

指ヨガ_1

「指ヨガ」とはその名の通り、手の指先だけを使ったヨガです。全身を使って行うヨガと同等の効果が期待できるうえに、負荷をかける場所によって、肩凝りや腰痛、だるさ、生理痛など、さまざまな不調にアプローチできます。

手のひらや指には、さまざまな種類のツボがあります。それらを適切に刺激してあげることで、痛みの緩和が叶います。

しかも自律神経のバランスを整えるのにも効果が期待できるため、仕事で嫌なことがあったときのイライラ解消にも◎。ストレスが溜まりがちな人にもおすすめです。

体がかたくてヨガはちょっと苦手……という人でも、指ヨガなら使うのは手先だけなので簡単にできるはず。

 

仕事の合間にレッツトライ!

指ヨガ_2

ヨガを行う指は左右どちらでも大丈夫ですが、凝りや痛みが強く出ている側のほうが、より効果を実感しやすいそう。

全身ヨガ同様に深く息を吐きながら気になる部位を刺激し、息を吸いながら緩めるというステップで、ゆっくり行いましょう。

 

1:「首凝り」に効果的な指ヨガ

首の凝りに効果的な部位は、中指の第一関節と第二関節の間

まずは手の甲の側から揉んだりこすったりして、丁寧にほぐしてあげましょう。その後、息を吐きながら左右にねじります。続いて、息を吸いながら力を緩めましょう。これを5回程度繰り返します。

時間が許せば、左右両方の手に施術しましょう。より効果を実感できるはず。

 

2:「肩凝り」に効果的な指ヨガ

肩凝りに関係する部位は、人差し指と薬指の付け根

まずは両者をゆっくりもみほぐし、その後息を吐きながら人差し指と中指の間を押しましょう。続いて、息を吸いながら緩めます。

次に中指と薬指の間の付け根を押し、緩めます。これを5回程度繰り返してください。

 

3:「頭痛」に効果的な指ヨガ

指ヨガ_2-3

頭痛に効果的なのは、中指の第一関節とその上の指先。優しくもみほぐしたら息を吐きながら、中指の第一関節から爪のほうへ押し上げるように指圧。

続いて、息を吸いながら緩めます。これを5回程度繰り返してください。リラックスしながら行うとよいでしょう。

 

4:「疲れ目」に効果的な指ヨガ

疲れ目には、中指の指先(手のひら、指紋のある方です)。ここを反対の手の親指で押しながら、息を吐いてください。続いて息を吸いながら緩めます。これを5回程度、繰り返します。

目が疲れているときは首も凝っているケースが多いので、首凝りの指ヨガとセットで行うといいでしょう。

 

ストレスの春に負けない

指ヨガ_3

年度末は忙しいものです。業務がわんさか振ってきて少しでもストレスを感じたら、すぐに指ヨガ! 指ヨガには、自律神経のバランスを整える効果も期待できます。ぜひ気持ちのいい指圧に、5分だけでも癒やされてみてください。

指ヨガはいつでもどこでもできるので、面倒くさがりの人でも続けることができます。毎日の習慣に取り入れて、心も体もリフレッシュしましょう!

佐治 真澄

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ