ハピネス

2016.02.17 UP

【イベント大好きガール必見】「イースター」の楽しみ方って?


イースター_top

東京ディズニーランドでも大々的なイベントとなっているイースター。最近では雑貨屋などでイースター関連のグッズもよく見かけますよね。だけど「イースターって何?」「どうやって楽しむの?」と思っている人も多いのでは。

そこで今回は、イースターの楽しみ方をご紹介。これで今年のイースターを満喫しちゃいましょう!

 

イースターって何のお祭り?

イースター_1

イースターとは、十字架にかけられたイエス・キリストが死後3日目によみがえったという復活を祝うお祭りです。

基本的に「春分の後の最初の満月の次に来る日曜日」に祝われるため年によって日が異なり、今年は3月27日がイースターになります。最近では、春の訪れをお祝いする祝祭日として定着しています。

イースターのモチーフとして使われている卵。見た目は動かない卵から新しい生命が生まれることから、キリストの復活を象徴しているとされています。

またもう一つのモチーフとしてよく見かけるウサギは多産なので、生命の復活と繁栄を祝うイースターのシンボルとなっていると言われています。

アメリカではイースターもクリスマスと同じく家族でご馳走を食べてお祝いをし、エッグハント(卵狩り)やエッグロール(卵転がし)という遊びをしたりもするそうです。

 

イースターにぴったりのお料理とは

イースター_2

そんなイースターにぴったりのお料理といえば、イースター・エッグを使った卵料理! 特におもてなしの定番が、アメリカの伝統料理「デビルドエッグ」です。

作り方は固茹でした卵の黄身をくり抜き、マヨネーズや細かく刻んだピクルス等と混ぜ合わせて白身に詰めるだけ。他にもイースター・バニーを形どったクッキーやチョコレートなども、パーティを盛り上げてくれること間違いなし!

またイギリスでは「ホットクロスバン」という、パンの表面に十字架の模様がついているスパイスやドライフルーツが入った小型のパンを、イースターの前日に食べるのも主流だそうです。

 

イースターの楽しみ方!

イースター_3

お料理の他にもイースターの楽しみ方といえば、「イースター・デコレーション」!

おうちを春らしいパステルカラーでデコレーションすれば、春らしい雰囲気に早変わり。テーブルクロスやペーパーオーナメントを、ブルーやイエローといった明るい春色で飾ってみましょう。

またイースターといえば「イースター・エッグ」ですが、作り方はカンタン。ゆで卵にサインペンや絵の具などでデコレーションすればできあがりです。

リボンやビーズなどでデコレーションするのもおすすめ。友達と集まって、みんなで思い思いのイースター・エッグを作るのも楽しそうですね。

できあがったイースター・エッグは「イースターエッグ・ハント」という伝統の遊びで楽しみましょう。イースター・エッグを家中に隠して、宝探しのようにみんなで探すと盛り上がりますよ。

他にもスウェーデンではおなじみという、クリスマスツリーならぬ「イースターツリー」というものがあります。イースター・エッグをオーナメントにして、ツリーに飾ってみてはいかがでしょう。

 

試してみたいイースターの楽しみ方はありましたか? 今年はイースターで、みんなで春の訪れをお祝いしてみてはいかがしょうか。

SakakuraKanako

sakakura

webディレクター/ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ