ライフスタイル

2014.01.23 UP

こんな女にはなりたくない! 痛い女たちの「まちがったSNSお作法」5選 ~あたし、じぶん大好きです的な出たがりポエマーほか~


df41cc2762040c2416701b1d11df5d36

SNSが当たり前の今日ですが、使い方を間違ってしまうとすごく痛い人にされてしまいますよね。「いいね!」ではなく「痛いね!」って。

しかもボタンひとつで。友人や仕事関係者など、「繋がる公共の場」でちょっとしたミスが取り返しのつかない事になる前に、オトナ女史としてぜひ知っておきたいSNSお作法について、今回はご紹介したいと思います。

 

痛い内容も、後輩や友達だったらスルーしてくれるかもしれませんが、それが上司や先輩になると痛さ倍増! ここぞとばかりに先輩たちの酒のつまみになっています! ぜひご一読なさってみてはいかがでしょうか。

 

1:自分の決め顔ばかりアップする

今日**に行ってきました♡」って、じぶんの顔ばっかり……。行った場所を紹介したいのか、自分の顔を紹介したいのか。いったい何を紹介したいんだろうなあ。

SNSは「リア充度重視」という面もあるかと思いますが、「出たがりは陰口をたたかれる」というのは、SNSがここまで人気になるはるか前から、日本におけるひとつの文化です。頑張って投稿しているのはわかりますが、SNSでKYな者は、SNSで干されることになりますよ。気を付けながら、楽しみましょう。

 

2:コメントのしようのないない内容

SNS上級者になると、写真と本文が一致していないことが多々あります。ペットとの決め顔ショットで「今日もいい天気♡」なんて……ペットも天気も、誰が興味を持つのでしょうか。ちなみに、天気を写すのならまだ需要はあると思います。(お天気報告機能として)

やるのだとしたら、可愛いペットやじぶんを写してみんなに共有したい! という素直な気持ちを、前面に出すほうが、見ていてすがすがしくなる投稿になると思います。「私たち、姉妹みたいでしょう☆ てへぺろ!」くらいのほうが、ネタ扱いできるので、プラスのコメントもマイナスのコメントも集まると思いますよ。

 

3:絡みづらい内容

とにかくネガティブすぎる、なんとも絡みづらい内容もいかがなものかと感じますよね。

とくにポエム調な文章は、痛さを通り越し、さらに新宿の母を紹介してあげたい気持ちも通り越して、「……どうすればいいんだ?」という感想しか。

「どうして? 辛いのは今だけだよね」って……うん。知らないよ! コメントしづらいよーう!

かといってスルーは出来ないし、“いいね”では殺されそうだし、天然な友人は、このポエム調の痛い内容を書いた先輩に「スゴーい! これ有名な詩ですかー?」ってコメントをしたそうです。こういう友人を真の「SNS上級者」というのかもしれません。

 

4:文章がながーい

とくに今日のコーデ系毎回“続きを読む”ってクリックする気にはなりません。

投稿は、適度な分量で、読んでいるひとが流し読みしつつも、興味をひかれる内容を!

 

5:私物を紹介する

「使っているコスメは〜」などと、私物紹介が好きな人も、結構います。みんなが素敵な私物を持ってるひとだ! とその人を評価するときって、ちらっと使っているところを垣間見た瞬間です。自ら積極的に紹介されて、好意的に思う人はまずいません。それは、ただの自慢になります。

しかも、SNSではそれが拡散されてしまいます!

スクロールして視界から外すのも、面倒ですよね……。な・の・で一度も私物を聞かれたことのないお姉様! 紹介していただかなくても大丈夫なのです♡

 

いかかでしたか?

SNSくらい“好きに書いていいでしょ”って思いますよね。

ほんとその通りです! だけど、いくつか当てはまっていたお姉様方! もしかして後輩たちの「酒のつまみ」にされているかもしれませんよ。

 

Photo by Pinterest

 

Mojo

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ