ハピネス

2016.01.27 UP

【ツラい・・・】躓いたときに元気になるための考え方のコツ3つ


iStock_000020196156_Small

恋にキャリアに、毎日大忙しのアラサー女子。10代20代の頃とはまた違った葛藤、悩みがありますよね。

プライベートも仕事も充実させたいと頑張ってはいるものの、なかなか自分の思うようにいかなくて心が折れることもしばしば。「頑張っているのになんだか調子がイマイチ……」と、ネガティブモードに陥りそうになることも。

そこで今回は私と同じアラサー女子に向けて、人生に迷ったとき心の支えになる3つのことをご紹介します。

 

1.今までやってこれたんだから、これからも大丈夫。

iStock_000038299306_Small

人生に迷ったときは、自分に対しての自信が薄れてしまっているとき。なんだかモヤモヤして心の底から笑えないときは、これまで自分が努力して成し遂げてきた出来事を一つ一つ思い出すようにしています。

学生時代、夏休みも特訓してようやく25メートル泳げるようになったこと、勉強を頑張ったこと、オーストラリアに移住してから乗り越えたさまざまな出来事など、いろいろな苦しみを乗り越えてきたことを振り返ると気持ちが少しずつ前向きになってきます

昔どこかで目にした「努力は裏切らない」という言葉は本当だと思います。「今までだってやってこれたんだからこれからも大丈夫」と心が軽くなりますよ。

 

2.心を充電する時間はありますか?

S2

どんなにキャリアが充実していても、プライベート、特に家族や恋人、友人との大切な時間に勝るものはないというのが私の持論。

人生に疲れ、途方に暮れたときは全てを忘れて大好きな人たちとの時間にどっぷり浸るのも悪くありません。いわゆる心の充電期間を持つことで以前よりパワーアップして、さらに活躍することができますよ。

普段あまり連絡を取り合わない大切な人に久しぶりに電話をかけてみる、というのもアリです。

 

3.好奇心のアンテナに引っかかるかどうかを基準に!

S3

キャリアやプライベートで何か新しいことに挑戦するとき、私が一番大事にしたいのが自分の心がワクワクするかどうかということ。

20代の頃はやりたいことがあってもそれが直接収入に結びつかなかったり、世間体や見てくれを気にして無難なところに落ち着いてしまっていたり、自分の心を無視していた部分も多くありました。

アラサー女子となり、一通りの苦い経験を通り過ぎてきた後は「自分が本当にやりたいこと」にこだわっていくのが大事だと思います。要は自分が楽しめるかどうか、ですね。

 

もちろん現実は厳しく、自分の力では太刀打ちできないこともたくさん。それでも少しの工夫で迷いを振り払い、ポジティブでハッピーな毎日を送ることはできるはず。アラサー女子のみなさん、一緒に頑張りましょう!

Stop

Timmy

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ