Fortune

2015.07.03 UP

「縁結び!」一生のしあわせを願うときの参拝マナーって?


imasia_16137828_S1

すべてのしあわせは「ご縁」から。

恋をして結婚をして、子供を授かる。わたしたちの命も、ご縁が生んだ宝物です。

人はご縁という糸で人生を紡いでいるのです。

良きご縁を結び、しあわせな人生を送れるよう、神さまにお願い事をしてみませんか?

良縁を結ぶ、神社参拝のお作法をご紹介します。

 

神さまもファッションチェック!?

Fushimi Inari Taisha

会社の面接へ、ジーンズにTシャツ姿で行く人はいませんよね? 神さまに良縁を願う時も一緒です。

自分なりに身を飾り、靴を磨き、清潔な服装で参拝しましょう

良きご縁を結んでいただくためにも、神さまへの第一印象はとても大切です。

きちんと身なりを整えて参拝すれば、きっと神さまも素敵なお相手とご縁を結んでくれますよ。

 

特別な願い事がある時には

iStock_000017799428_Small

改まって神さまにお願いしたい時や、特別な願い事がある場合には、社務所か授与所で申し込み、拝殿内で参拝することもできます。これを「正式参拝」といいます。

神さまにより近づくわけですから、この場合は普段の参拝とは違い、男女ともにスーツを着用するのが一般的です。

 

鳥居をくぐった瞬間から「縁結び」は始まる

iStock_000060693068_Small

神社とは、神さまを祀る神聖な場所です。鳥居から先は神域。軽く一礼をしてから鳥居をくぐります

参道わきに「手水舎(てみずしゃ)」があるので、まずは自分の身を清めましょう

 

手水のお作法

1. まず右手で柄杓(ひしゃく)をとり、清水をくんで左手にかけます。

2. つぎに柄杓を左手に持ちかえて、同じように右手を清めます。

3.  ふたたび柄杓を右手に持ち、左の手のひらに水を受けて口をすすぎます。

4.  口をすすぎ終えたら、もう一度左手を水で流します。

 

手水舎にかかげられる「洗心」の文字。これには身を清めることによって、心(魂)を清めるという意味があります。

洗心は、良きご縁を結んでいただくためにとても大切なんです。

 

参道をすすみ、拝殿へ

iStock_000065514091_Small

参道の中央は神さまの通り道。なるべく中央を歩かないのが参拝のマナーです。

拝殿前につられている鈴には邪気をはらう力があります。鈴を鳴らしお清めをしてから、おさい銭を入れましょう。この際、鈴は優しく静かに鳴らしてください。

 

つづいて拝礼です。基本は2拝2拍手1拝(出雲大社は2拝4拍手1拝)。

拍手をする際、右手を少し下に引いて、ゆっくり手をたたきましょう。

 

いよいよ神さまとご対面

iStock_000008087691_Small

神さまのもとには、毎日多くの人が参拝に訪れます。お願い事をする時には、きちんと自分の名前と住所を名乗りましょう

縁結びの参拝で大切なことは、未来の良縁を願うばかりでなく、これまで自分を支えてくれた多くのご縁に感謝をすること。

そして新たなご縁を授かったら、成就するよう、しっかり守り育てていきます! という誓いを立てることです。

お願い事を唱え終わったら90度に腰を折り、深く一礼をします。

 

いかがでしたか? 縁結び参拝のお作法。

ハワイに鎮座する出雲大社の天野宮司さまが「まずは本気で縁結びを願うことが大切です」とおっしゃっていました。

そして「神さまにお願いをしたから大丈夫と安心しないで、努力をすることが肝心」とも。

あとは「願いは叶う!」と強く信じましょう。

 

織姫と彦星が出会う七夕の時期は、縁結びの力がぐっと高まる時。

また秋には、出雲大社に日本中の神さまが集まり、縁結びの会議を開くといわれています。

神社でしあわせのご縁を結んでみませんか?

 

※参考:『神社のいろは』監修・神社本庁(扶桑社)

三浦奈々依(みうらななえ)

三浦奈々依(みうらななえ)

神社仏閣ライター・フリーアナウンサー・カラーセラピスト

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ