Fortune

2015.12.27 UP

【初詣】恋愛でしあわせに!縁結びにご利益のある都内の神社4選


pixta_18587925_M

一年のしあわせを祈る初詣。元旦をお祝いする行為は、すくなくとも平安時代にはじまったといわれています。

大切なのは、自分が叶えたい願いや欲しい運気を持った神社を参拝すること。仕事の運気の強い場所で結婚を願っても、その願いは神様にスムーズに通じません。人間ひとりひとり個性が違うように、神さまにもそれぞれ得意分野があるのです。

第1回目は愛の願いを叶えてくれる、”縁結び”にご利益のある東京の神社をご紹介します。

 

あなたをずっと見守ってくれる神さま【産土神】

pixta_9082023_S

産土神(うぶすながみ)はご存じですか? 産土神とは、私たちが生まれた土地を守護する神さま。「ふるさとの神社は?」とたずねられて心に浮かぶ神社が、あなたの産土神です。小さい頃に家族と一緒に参拝に出かけた神社、家の近所にある神社。なかには、宮司さんもいない小さなお社が浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。

産土神は私たちがこの世に生まれた時から天国に旅立つ日まで、生涯にわたり守ってくださる愛情に満ちた神さまです。一生のしあわせにつながる「縁結び」を願うなら、まずは自分が生まれた土地にまつられている産土神を参拝しましょう。縁結びのご利益も倍増しますよ。

 

絶大な人気を誇る縁結びの神さま【東京大神宮】

pixta_13088078_S

万物の結びつきを司る「造化(ぞうか)の三神」がまつられている東京大神宮は、有名な縁結びの神さま。「恋人ができた」「結婚が決まった」という嬉しいうわさが数多くあり、平日でも参拝客が途切れることはありません。

東京大神宮を訪れたらぜひおすすめしたいのが、「願い文」。500円をお納めして、お願いごと、住所と名前を記入したら、封をして箱に納めます。翌朝には願い事が叶うよう東京大神宮で祈祷していただける、いわば神さまへの手紙というわけです。神さまに失礼のないよう言葉の言い回しに気をつけて、美しい文字で手紙をしたためましょう。

真剣に縁結びを願うのなら、ぜひ一人で参拝を。東京大神宮には「願いを叶えたいのならひとりで参拝する」というジンクスもあるようです。

 

「結婚」へと背中を押してくれる絹の糸【出雲大社分祠】

pixta_8323165_S

六本木に鎮座する出雲大社分祠は、出雲大社の神さまである大国主命の御分霊をまつる都内唯一の神社。大国主命(おおくにぬしのみこと)は幾多の困難を乗り越え、美しい八上比売(やかみひめ)にプロポーズしたことから、縁結びの神さまとして有名です。男女のご縁にとどまりませんので、あらゆる良きご縁を願いましょう。

手水でお清めをしたら拝殿へ。拝礼のお作法は「二拝四拍手一拝」です。

こちらで授与していただける「縁むすびの糸」は良縁を授かり、しあわせな人生を歩めるようにという神様のお力がこめられたお守り。紅白の絹糸は洋服に縫いつけたり、持ち歩くとよいといわれています。なかなか結婚に踏み出せないというカップルが持つと、結婚話が進むのだとか。

 

日本初の夫婦をまつる婚活パワースポット【今戸神社】

pixta_13558585_S

東京都台東区、今戸神社にまつられているイザナギとイザナミの神さまは、日本初の夫婦。女神のイザナミから声をかけて契りが交わされ、日本列島が誕生し、数多くの神さまが生まれました。夫婦の歴史はイザナギとイザナミの神さまからはじまったのですね。

今戸神社は、まさに良縁を招く婚活パワースポット! また「招き猫発祥の地」とされ、良縁を呼ぶペアの猫が境内のあちこちに。猫好きにはたまりませんね。

 

pixta_7779071_S

可愛らしい猫が描かれた絵馬は、「角がたたず、なにごとも円満におさまるよう」にという願いを込めてまるい形をしています。会うとケンカばかりというカップルは、ぜひ絵馬に願い事をかけて。恋人、夫婦円満の秘訣は「まるい心」です。

 

バラ色の人生は突然おとずれる!

お参り_結婚

いかがでしたか? 第1回目の今日は愛の願いを叶えてくれる、東京の縁結び神社をご紹介しました。

今、恋人がいないという皆さんも、いつどこで運命的な出会いが待っているかわかりません。電撃的な出会いによって突然、バラ色の人生がはじまるかも!

そんなチャンスを逃さないためにも、良縁を願い、縁結びの神さまに手を合わせましょう。

三浦奈々依(みうらななえ)

三浦奈々依(みうらななえ)

神社仏閣ライター・フリーアナウンサー・カラーセラピスト

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ