ファッション

2017.09.05 UP

おしゃれの差はココにあった!テクニックいらずの「立体シルエット」で洗練見え♪


Photo by ZOZOTOWN

「シンプルだけどおしゃれ」って実は難しかったりするもの。たとえば、ごく普通のシャツを今っぽく素敵に見せたいなら、「衿抜き」「前だけイン」などの着こなしテクを駆使する必要があるけれど、バランスがちょっと難しい……と感じることも。

そのまま着るだけでおしゃれ見えする服が欲しい! そんな人には「立体シルエット」アイテムがおすすめ。シンプルで洗練された大人ファッションが気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

 

「立体シルエット」でシンプルおしゃれが叶う!

Photo by ZOZOTOWN

こちらは一見シンプルなVネックシャツですが、肩や正面にタックが入ったデザイン。このタックのおかげで立体感がグンとアップして、普通に着るだけでこなれた雰囲気に。

派手ではないけれど、タックやギャザーが入っていたりと立体的なディテールにこだわったデザインを選べば、大人らしいこだわりを感じる周りと差がつくスタイルが作れます。

 

トレンドの「ボリューム袖」もおすすめ

Photo by ZOZOTOWN

トレンドデザインなら、秋冬も人気のボリューム袖トップスがおすすめ。身頃はシンプルで袖だけボリューミーな立体シルエットは、今っぽくておしゃれ見えするアイテムです。

 

「ドレープ」デザインで大人の洗練ムードを

Photo by ZOZOTOWN

落ち感素材のゆるシルエットから生まれるドレープも、奥行きのあるスタイル作りにもってこい!

これからの季節なら、やわらかなゆるニットを女らしくさらっと着こなすのも素敵です。

 

Photo by ZOZOTOWN

1枚で着ることが多いワンピース系は、より立体シルエットにこだわって選びたいところ。

こちらは、カシュクールデザインのドレーピーなサロペット。流れるドレープの陰影や身体との空気感が大人の洗練ムードを醸し出してくれていますね。

 

「アシンメトリーなタックボトムス」でおしゃれに差をつける

Photo by ZOZOTOWN

ボトムスなら、ウエストがぐるっとゴムの楽ちんギャザースカートよりも、アシンメトリーなタックが都会的なデザインを選んだり。

 

Photo by ZOZOTOWN

今っぽいラップ風デザインなど「シンプルだけどこだわりの見える立体的なデザイン」を選ぶことで、難しいテクニックを使わなくともグッとおしゃれな雰囲気に変わります。

 

シンプルで洗練された大人のおしゃれを目指すなら、「立体デザイン」にこだわって服を選んでみるのもいいと思います!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ