ファッション

2017.08.24 UP

気分も肌色もパッと明るく♪大人女性におすすめ「ブライトカラーコーデ」


Photo by ZOZOTOWN

ブライトカラーとは、ビビットトーンに白を少量混ぜたようなカラーのことを指し、明るくエネルギッシュなイメージを与えることができます。

そんなブライトカラーは、肌トーンも明るく見せてくれるため、大人女性にはぜひ積極的にチャレンジして欲しい色。

今回は、ブライトカラーを上手にコーディネートに取り入れるためのポイントを教えちゃいます!

 

ポイントで取り入れる

Photo by ZOZOTOWN

カラーコーディネートへの抵抗が抜けない方は、まずポイント使いで慣らしましょう。他が保守的な色味でも、インナーにブライトカラーを持ってくるだけで一気に印象が変わりますよね。

インナーなら気負いなくチャレンジできるのでビギナーさんはまずはここからスタート!

 

Photo by ZOZOTOWN

ポインテッドトゥにローヒールといった今年らしい一足は、ブライトカラーをチョイスすることでさらに印象的に。

普段モノトーンルックが多い方も、パンプスをブライトカラーにチェンジすることでいつもより気分も自然と華やかに変化しますよ。

 

ダークトーンで引き締め

Photo by ZOZOTOWN

他のアイテムをダークトーンに抑えることで、ブライトカラーを最大限に引き出して。

下半身をダークトーンで引き締めたメリハリのある着こなしは、スタイルアップときちんと感が両方叶うので、ボディラインのぼやけが気になる方にもおすすめです。

 

Photo by ZOZOTOWN

トップスとボトムス両方にブライトカラーを使ったコーディネートは、アウターと足元にダークトーンを持ってきて全体の印象をコンパクトに。程よい抜け感とクラシックさも加わった、秋冬にぜひ真似したいお手本上級者コーデですね。

ブライトカラーとダークトーンの組み合わせは、辛口アイテムとレディなアイテムをミックスさせたい時にうまくバランスをとってくれます。

 

カラー×カラーで遊ぶ

Photo by ZOZOTOWN

もう少し周りと差をつけた着こなしをしたいという方は、思い切ってブライトカラーを2色以上取り入れてみて。トップスとバッグにブライトカラーを持ってきたら、ボトムスは普段着慣れている得意なカラーを。

2色以上組み合わせる時は、カラーのトーンを合わせると全体にまとまりが出ますよ。

 

Photo by ZOZOTOWN

トップスとボトムスに反対色を使ったコーディネートも、それぞれがブライトカラーなら攻撃的な印象を抑えてくれます。

ブライトカラーを上下で組み合わせる時は、ウェストにポイントを置いてメリハリを。他のアイテムは白で統一することで、バイカラーコーデでもまとまりのある印象になりますね。

 

いかがでしたか? 明るく元気な印象を与えてくれるブライトカラーはワンアイテムでもコーディネートに取り入れるだけで、気分も明るくしてくれますよ。

これからショッピングへ行く際は、ぜひブライトカラーに積極的に目を向けてみて!

miho

miho

スタイリスト/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


ページの先頭へ