ファッション

2017.05.29 UP

コーデのマンネリ防止に!無地派にもおすすめの「定番柄アイテム」は?


Photo by ZOZOTOWN

いつも選ぶ服は「定番色のシンプルなデザインが多い」という人が特に気をつけたいのが、コーデのマンネリ化。違う服を着ていてもいつも同じに見えてしまっては、なんだかもったいないですよね。

そこでおすすめなのが、柄アイテムを取り入れること。無地派は特に、めったに柄服は着ないという人も多いかと思いますが、印象を変えるにはもってこいのアイテムなんです!

まずは取り入れやすい定番柄に絞ってご紹介します。

 

定番「ボーダーT」は今季らしい色or形を

Photo by ZOZOTOWN

定番柄服のボーダーTシャツは、今季はカラーボーダーに注目! 中でも、白地に細めのカラーボーダーが合わせやすいので一押しです。

赤や濃いピンクが特に人気の様子。「鮮やか色を着たいけど勇気が出なくて……」という人もボーダーTシャツなら取り入れやすいはず。

 

Photo by ZOZOTOWN

基本の白黒ボーダーTシャツは、今季らしい形を選ぶと普通過ぎないスタイルに。

こちらのような衿ぐりの開きが広めのタイプやトレンドのボリューム袖などがおすすめです。

 

着やすい「ブルーストライプ」はデザインで遊ぶ

Photo by ZOZOTOWN

白×ブルーのピンストライプは、無地派でも着やすい柄ですよね。知的でハンサムな印象の柄は、今季らしい女らしいデザインで遊ぶのもよさそう!

こちらような後ろ姿がポイントのブラウスやシャツは、今季たくさん登場しています。

 

Photo by ZOZOTOWN

シャープなブルーストライプなら、ギャザーやフリルといった甘めのデザインも大人っぽく着こなせますよ。

 

ガーリーな「ギンガムチェック」は白黒で大人らしく

Photo by ZOZOTOWN

ガーリーなギンガムチェックは、大人らしい白黒をチョイス。デザインブラウスやワイドパンツで取り入れるのが一押しです。

 

Photo by ZOZOTOWN

靴でちょっとだけプラスするのもキュート。形はシャープなポインテッドトゥがマスト!

こちらのギンガムチェックのバレエシューズは、「repetto(レペット)」の「IENA(イエナ)」別注モデル。

 

キュートな「ドット柄」は落ち感ワイド一択で

Photo by ZOZOTOWN

レトロガーリーなドット柄は、大人は落ち感素材のワイドパンツ一択で!

黒やネイビーに華奢な白の水玉なら、主張し過ぎないので無地派でも安心。

 

Photo by WEAR

ほどよいリラックムードの大人カジュアルスタイルで、今っぽい着こなしを楽しんでみては?

 

どれも定番柄ですが、トレンドライクな色やデザインを選べば鮮度抜群のスタイルに!

派手過ぎないけれどコーデのカンフル剤にピッタリのアイテムばかりなので、ぜひクローゼットに追加してみることをおすすめします。

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ