ファッション

2017.05.06 UP

【2017春夏版】万能カラー「カーキ」をもっと今っぽくオシャレに着こなすには?


Photo by Pinterest

シックで落ち着いていながらも、定番の黒よりもグッと軽やかな印象に仕上げてくれる“カーキ”は特に春夏シーズンに大活躍必至の優秀カラー。

どんな色ともよく馴染み、シンプルなアイテムの組み合わせでもお洒落に見えるのでスタイリングもとっても簡単。取り入れない手はありません!

今回は、そんなカーキカラーを今季らしく着こなすスタイリング術をお届け。ワードローブのカーキアイテムで今すぐトライしてみて!

 

カーキシャツ×モノトーンアイテムでモダンなミリタリースタイルに

Photo by Pinterest

一枚持っていて絶対に損はなしのお役立ちアイテムが、カーキカラーのボタンダウンシャツ。パンツやデニムはもちろんのこと、トレンドのチュールやレースなどスウィートなスカートとも意外に相性◎。甘さを中和して大人っぽい印象に仕上げてくれますよ。

どんなアイテムを合わせてもすんなり馴染みますが、なかでも簡単お洒落に仕上がるのがモノトーンアイテムを合わせたソフトミリタリースタイル。写真のようにホワイトのワイドパンツを合わせてウエストマークするだけで、モダンで都会的なミリタリーコーデの出来上がり。

 

Photo by Pinterest

ドレスとパンツのレイヤードスタイルが大注目を浴びている今季は、カーキカラーのシャツドレスをゲットしてこんなレイヤードスタイルに挑戦してみるのもいいかも!

カーキ×ブラックのカラーリングで一見辛口に見せつつも、ふわりと風に乗るマキシ丈のシャツドレスやフローラルパターンがなんともロマンティック。

足元はエフォートレスなフラットシューズで小慣れ感たっぷりに仕上げるのが正解です。

 

今季らしさ抜群のブライトカラーアイテムとも相性よし!

Photo by Pinterest

今季のビッグトレンド、ブライトカラーにも難なく合わせられちゃうんだから、やっぱりカーキは本物の万能カラー。特にアースカラー系統のオレンジやイエロー、グリーンやブルーとは相性ばっちりです。

こちらはカーキのトップスにブルーデニム、鮮やかなイエローのブーツを合わせたカラーミックススタイル。それぞれの色同士の相性が良く一つ一つのアイテムがシンプルなので、組み合わせてもごちゃごちゃした印象とは無縁。まとまりのあるスタイルに仕上がっています。

さりげなく持ったバッグまでカラーリングを揃えているのはさすがといったところ!

 

Photo by Pinterest

今季の大ヒットアイテム、ブルーストライプのシャツももちろんぴったり! カーキを合わせることで、スタンダードなモノトーンやデニムを合わせるよりも上級者っぽく仕上がりますよ。

ラフに着崩したシャツに大人っぽいカーキのドレスをレイヤードしたこちらのスタイルには、オフショルダーやウエストマーク、ゴールドのステートメントイヤリングなど、今季のトレンドがぎっしり。

ノンシャランに見えてしっかりツボを押さえた最旬スタイルはぜひ参考にしてみて!

 

辛口なカーキドレスはウエストマークでフェミニンに着こなして

Photo by Pinterest

ミリタリーやサファリなど、ワイルドでマスキュリンなイメージのあるカーキカラーですが、大人の女性が着る際にはあえて女性らしさを強調した着こなしでギャップを狙うのがおすすめ。そうすることで、かっこよくもセクシーなミックススタイルに仕上げることができますよ。

そこで自然に女性らしさを際立たせるもっとも簡単な方法が、今季のトレンドでもあるウエストマーク。ドレスのウエストをベルトでマークし、ボディラインを出すだけでグンと女性らしさがアップ。こちらのスタイルのように、流行中のコルセットを使えばよりイマドキな印象に!

 

Photo by Pinterest

カーキのトップスに同系色のビスチェドレスを合わせたこちらのコーディネートも、引き締めカラーでもあるブラックのベルトでウエストマークすることでよりフェミニン&センシュアルなスタイルに。

辛口なカラーを着こなす時は、いつもより少しオンナ度を上げたスタイリングを心がけるのがポイントです。

 

もはや定番カラーでもあるカーキですが、旬なポイントを押さえることでグッと着こなしの洗練度がアップ!

この春夏も万能なカーキアイテムが大活躍してくれそうですね。

Jaden

Jaden

スウェーデン在住ファッション・カルチャーライター/コラムニスト

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ