ファッション

2017.01.17 UP

何色を選ぶべき…?女性らしさもアップする春の最新トレンドカラー3選


まだまだ冬真っ只中ですが、そろそろ意識しはじめたい春の流行。店頭には春物が並び始め、SSシーズンのお洒落に期待を寄せながらも、春ファッションはまだなんとなくしかイメージできない……という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、アメリカ・パントン社から毎シーズン発表される10色のトレンドカラーから、中でも女性らしさ香る、春らしい2017年流行色を厳選してご紹介します。

 

2017年を飾るトレンドイヤーカラー「グリーナリー」

シーズンの流行色に併せて、毎年一年を代表するイヤーカラーが発表されます。

2017年のイヤーカラーに選ばれたのは、新緑を思わせる「Greenery/グリーナリー」=黄緑。生命力を感じさせながらも、どこか落ち着きのある色味となっています。

Photo by Pinterest

生き生きとした鮮やかな黄緑色は、身に付けるだけで全体が華やかな印象に。周りにも安らぎを与えてくれる、ナチュラルな色味でもあります。そのため、この色はスプリングコートやワンピースなどで主役級に取り入れるのをオススメします。

相性が良いのは、同じく緑系や黄色、そして青などの寒色系。ここではデニムで青色を加えています。黄緑が明るい分どうしてもコーデが派手になりがちですが、写真のようにインナーなどをモノトーンにしてテンションを抑えると◎。

Photo by Pinterest

グリーナリーを貴重に、柄や装飾が入ったアイテムを取り入れるのもお洒落です。ここでもセットアップをグリーナリーに、他のアイテムをモノトーンでまとめています。

足元にはヌーディなベージュを差すことで、春らしい軽やかな雰囲気に。

 

女性の大胆さを引き出す「ピンクヤロー」

2016年秋冬はパステル調のやわらかな色味がトレンドでしたが、2017年春夏シーズンでは先述したグリーナリーと同様に、ヴィヴィッドな「ピンクヤロー」=ショッキングピンクがトレンドカラーとして挙げられています。

ピンクに色付くピンクヤローという花の名前から付けられたカラーネームで、まさに愛らしい花の色がファッションに反映されています。

Photo by Pinterest

ランウェイでも多数ブランドが取り入れていた、この鮮やかなピンク。大胆な色だからこそ、着こなしも大胆に。相性が良いのはパステルピンクやベージュなどのソフトな色味です。

ピンクのアイテム以外を肌になじませることで、バランス良く仕上がります。写真のようにピンクヤロー、桃色ピンク、パステルピンクのアイテムでまとめて、ピンクのグラデーションを作るのも良いですね。

Photo by Pinterest

また、ホワイトと合わせるとグッと春夏らしさが出ます。色のメリハリが強調され、スタイルアップが叶う組み合わせでもあるんです。

写真ではブラックの小物を合わせていますが、ピンクヤローが十分濃いので、ここでパステルピンクなどのソフトな色味を取り入れてもOK。

 

やすらぎを感じさせる「ヘーゼルナッツ」

女性のしなやかさを演出するなら、肌色に近い「ヘーゼルナッツ」=ライトベージュも見逃せません。どちらかというと、ややくすみがかったベージュになります。他の2色に比べ、よりデイリーに使いやすい色味かもしれませんね。

とてもヌーディーで主張が強くなく、上品な装いに仕上がります。大人の女性なら、シンプルにさらっと着こなしたい色です!

Photo by Pinterest

この色を主役にするときは、トーンが強い濃い色を合わせずに、あえて同系色やホワイト、ベビーピンクなどの薄い色でスタイリングするのが今年顔。女性らしい、優しい雰囲気が後押しされます。

バッグやアクセサリーでヴィヴィッドな色を取り入れて、少しアクセントを足すくらいがちょうど良いですよ。

Photo by Pinterest

春夏定番のコットンレースワンピや今季注目のシャツワンピなど、ホワイトの爽やかなワンピースにヘーゼルナッツカラーの小物を加えると、落ち着きが加わり大人っぽい印象に。

もちろん、濃い色が主体のコーディネートに補色としても使える色なので、様々なアイテムをこの色で揃えておくとどれも重宝するはず。春に使えるトレンチコートなどで取り入れても良いですね。

 

次にどんな色が流行るのか、考えるだけでウキウキしませんか? ショッピングする際は、ぜひこれらのトレンドカラーを参考にしてみてください!

SEILA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ