ファッション

2016.08.05 UP

印象が変わるオフィスコーデとは?「デキる女」の配色テクニック6選


 

毎日のファッション、あなたは何を基準に決めていますか? その日の気分や予定、お天気などいろいろだと思いますが、色をポイントに決めてみるのも一つの方法です。

というのも、パッと見た瞬間に一番強く印象に残るのは色だから。明るく元気に見せたいときにはビビッドな色を、優しげな雰囲気に見せたいときにはやわらかい色をというふうに、色で印象を変えてみるのもいいかもしれません。

今回は、仕事の人や初対面の人に会うときにもピッタリの「きちんと見え配色コーデ」をご紹介します。

 

上品で女性らしい「ネイビー×白」

Photo by Pinterest

きちんと見えには欠かせないネイビーは、上品で女性らしい色でもあります。

白と組み合わせれば、マリンなムードが漂う夏らしい雰囲気に。

Photo by Pinterest

ネイビーの分量が多い場合でも、白を少し加えてあげるだけで軽さが出ますよ。

 

ハンサムな定番「モノトーン」

Photo by Pinterest

定番モノトーンも、きちんと見せたい日には最適です。

トップスに白を持ってくると、レフ板効果で顔が明るく見えるうれしい特典も!

Photo by Pinterest

黒の分量が多いときは暑苦しくならないように、適度な肌見せがポイントです。

 

爽やかで夏らしい「サックスブルー×白」

Photo by Pinterest

サックスブルー×白は爽やかさを出したいときにピッタリの組み合わせです。見た目もひんやり涼しげなので、暑い日に着たい配色ですね。

黒やシルバーの小物をプラスすると、引き締め効果と大人っぽさがアップします。

 

旬ムードたっぷりの「ブラウン×白」

Photo by Pinterest

キャメルやテラコッタ、レンガなどのブラウン系のトレンド色を使ったコーデは、それだけで旬ムードが漂います。

これまでに挙げた配色と同様に、夏のきちんと見えコーデには白の力が欠かせません。

Photo by Pinterest

シックで秋らしいブラウン系も白と組み合わせることで、明るく軽やかな印象になります。

 

品よく優しげな「ベージュのワントーン」

Photo by Pinterest

ワントーンコーデは上品なうえに、簡単にオシャレ上級者に見えるのでおすすめです。中でもベージュのワントーンは優しくまろやかな印象なので、初対面の人と会うときなどは話しやすそうな雰囲気を出すことができます。

ぼんやりした印象にならないようにシャープなバッグや靴、シルバーやゴールドのアクセサリーで引き締めてあげるとバランスよくまとまります。

 

知的で清潔感のある「ブルーストライプ」

Photo by Pinterest

きちんと感があって夏にピッタリの柄物といえば、ブルー×白のピンストライプ。シャツ地によく使われていますよね。

知的で清潔感があるので仕事にもピッタリです。

Photo by Pinterest

ボトムにはブラックやネイビーを合わせると、きちんと感がさらにアップします。

Photo by ZARA

今季は定番のシャツの他にもフェミニンなデザインが豊富なので、要チェックです。

シャープなブルーストライプのおかげで、大人でも甘すぎずにちょうどいいバランスで着こなせます。

 

こうやって見てみると、きちんと感が欲しいときにはやっぱり定番色が活躍してくれますね。そして、白をちょっと加えるだけで夏らしい軽やかな雰囲気になります。

今日は何を着ようか迷ったときには、ぜひ参考にしてみてくださいね!

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ