ファッション

2016.07.16 UP

【朝忙しくてもOK】1週間分!夏のヘアアレンジ術(ロング編)


忙しい毎日、いつも同じヘアスタイルになってしまう……。アレンジしてみたいけれど手先が不器用で無理みたい……。

そんなあなた! 毎日できて簡単で、しかも難しそうに見える素敵なヘアアレンジ方法があったら試してみたいと思いませんか? ヘアは女の命。薄着になるこれからの季節、女子力とオシャレのポイントとなってくるのが髪型なんです。

そこで不器用さんでも絶対できる、難しいテクニック不要・工程の少ない簡単ヘアアレンジを「LOVEST青山 by air」のスタイリスト、みち子さんに教えていただきました。今回は毎日できるロングヘア用の1週間分のヘアアレンジをご紹介します!

 

女らしさ満点!「ハーフアップくるりんぱ」

160510_air-84
まず、ヘアアレンジする際には全体を適当でいいので強めに巻いておくことをオススメします。そうすることでアレンジに動きが出て、まとめやすくなりますよ。

 

【ハーフアップくるりんぱの作り方】

160510_air-79

1. 耳上の髪の毛をざっくり取り、ゆるく後ろでまとめて結びます。

2. 結んだゴムの上に穴を作り、一回転くるりんぱさせます。

 

160510_air-80

3. バランスを見て、トップの髪の毛を少し引き出します。

 

160510_air-88

4. ゴムの上からリボンを結んで完成です。

リボンを結ぶのが難しい人は、リボン付きのゴムやバレッタでもOK。オフィス仕様にもなる清楚なヘアアレンジですよね。

 

とにかく簡単「大人ポニーテール」

160510_air-103

【大人ポニーテールの作り方】

160510_air-110

1. 耳ラインか耳より少し上くらいの位置でざっくりまとめ、結びます。

2. バランスを見ながら、トップの髪の毛を少し引き出します。

 

160510_air-109

3. 結んだ毛束を少し取り、ゴムの周りに巻きつけピンで留めて完成です

※撮影時はわかりやすいように目立つピンを使用。実際は、目立たない黒いピンを使います。

瞬く間にできてしまう、忙しい朝にぴったりのポニーテール。低めの位置でまとめるのが大人な雰囲気に仕上げるコツだそう。

 

色っぽカジュアルな「サイドくるりんぱ」

160510_air-123

【サイドくるりんぱの作り方】

160510_air-135

1. サイド寄りでざっくり結びます。飾り付きのゴムだと華やかさが出てグッド。

 

160510_air-132

2. 結んだゴムの上に穴を作り、一回転くるりんぱさせます。

 

160510_air-128

3. バランスを見て全体的に髪の毛を引き出し、崩して完成です。

横からうなじが見え、男性ウケも良さそうなヘアアレンジです。

 

暑さも吹き飛ばす「高めシニヨン」

160510_air-154

【高めシニヨンの作り方】

160510_air-162

1. 高めの位置でまとめ、お団子にします。

 

160510_air-159

2. 結び目のゴムを隠すようにぐるぐるとまとめ、ピンで適当に留めていきます。

 

160510_air-158

3. お団子の髪の毛を少し引き出し、崩せば完成です。

汗ばむ陽気の日や動き回らなければならないときに最適のヘアアレンジ。無造作にまとめたお団子がオシャレです。

 

爽やかで清潔感のある「くるりんぱローシニヨン」

160510_air-174

【くるりんぱローシニヨンの作り方】

160510_air-185

1. 耳上の髪をまとめ結び、結び目の上に穴を作り一回転くるりんぱさせます。

 

160510_air-181

2. 全体をざっくりと低めの位置でまとめて結び、毛束をねじっておきましょう。

 

160510_air-182

3. 結び目を隠すようにぐるっとまとめます。

 

160510_air-177

4. ピンでバランスを見ながら、適当に留めて完成です。

※撮影時はわかりやすいように目立つピンを使用。実際は、目立たない黒いピンを使います。

 

160510_air-176

こちらも仕上げにトップの髪の毛を引き出して崩してあげると◎。清潔感もありながらオシャレな印象のまとめ髪です。

 

アクティブに遊ぶ日は「ボヘミアンねじり」

160510_air-217

【ボヘミアンねじりの作り方】

160510_air-224

1. 耳上の髪の毛を両サイドからねじって、後ろでピンで留めます。

※撮影時はわかりやすいように目立つピンを使用。実際は、目立たない黒いピンを使います。

 

160510_air-221

2. 低めの位置でツインテールにし、それぞれを一回転させくるりんぱ。

 

160510_air-220

3. 毛束をねじってお団子のようにぐるぐるとまとめ、適当にピンで留めていきます。

 

160510_air-218

撮影時はわかりやすいように、目立つピンを使用しました。ご自分でヘアアレンジする際は、黒いピンを使用してください。

 

160510_air-216

4. 大判スカーフを頭に巻いて縛り、完成です。

 

160510_air-213

トレンドでもあるボヘミアン調のオシャレなヘアアレンジです。フェスなどのイベントに最適。

スカーフやバンダナは1枚持っておくと、ポニーテールにプラスするなどアレンジ可能なのでオススメだそう。

 

少女のような可愛さ「トレンド三つ編み」

160510_air-288

【トレンド三つ編みの作り方】

160510_air-310

1. 耳の位置あたりからきつめに三つ編みをしていき、ゴムで留めます。

 

160510_air-308

このとき毛先まで編まずに、編まない部分を長く残すのが今っぽく仕上げるポイント。

 

160510_air-312

2. 三つ編みをした部分を引き出し、崩します。

 

160510_air-298

3. 毛束を少しとり、結び目を隠すようにピンで留めます。

※撮影時はわかりやすいように目立つピンを使用。実際は、目立たない黒いピンを使います。

 

160510_air-317

4. 顔周りの後れ毛を軽く外に巻いて完成です。

ただ三つ編みしただけなのに、とってもオシャレでかわいいヘアアレンジ。三つ編みにもトレンドがあることを知りました。

 

ほとんどが3〜4工程ほどでできてしまう簡単ヘアアレンジ、いかがでしたか? これならファッションやその日の気分に合わせて気軽にトライできるのではないでしょうか。

毎日同じようなスタイルで、自分も周りの人も飽きさせてしまうのは勿体ない! この夏は思いっきり楽しくヘアアレンジしてみませんか?

 

みち子さんにヘアチェンジを頼みたい方はこちら

※取材協力:LOVEST青山 by airLOVEST銀座 by air

Photo by GOTA

森田 文菜

森田 文菜

スタイリスト/ファッションコラムライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ