ファッション

2016.05.10 UP

ゆるさが気持ちいい!アメリカ西海岸・ヒッピー風スタイル


iStock_000044633670_Small

アメリカ最大の屋外音楽フェス「コーチェラ・フェスティバル」が今年も開催。毎年のことながら、セレブたちのファッションにも注目が集まっていました。春夏はフェスが多く、それに合わせてかショップでも、ボヘミアンやヒッピー風ファッションのアイテムが多く展開されます。

ボヘミア地方に由来する民俗衣装などを基にしたファッションをテーマにしているボヘミアン。一方、カジュアルさやリラックス感を醸し出すゆるさを盛り込んだのが60年代ヒッピー風のファッション。ヒッピー達がよく聴いていたフォークソングやサイケデリックミュージックの影響で、Tシャツやデニムといったラフなアイテムから、レインボーなどの派手な服装が流行しました。

一点取り入れるだけでも”らしさ”を演出できる、アメリカ西海岸のヒッピー風スタイルのキーアイテムをご紹介します!

 

あえての無造作ヘアともマッチ!ヘッドアクセに欠かせないバンダナ

3953952ff1f173c7c8b889207e65a3b0

Photo by Pinterest

ヒッピースタイルにまず欠かせないのが「バンダナ」。当時は、性別関係なく多くの人が頭に巻いていたそうです。

長髪+バンダナ(+男の人は何日も剃っていないかのような髭)姿の若者たちの写真を見たことがあるという人も多いのでは?

バンダナといっても種類は豊富にありますよね。お洒落ヒッピー風に仕上げるならば、エスニック柄のものやヴィンテージ感のあるややくすんだ色味のものを選びましょう。例えば赤でも鮮烈な赤ではなく、えんじ色に近い赤など。

柄が入っているものであれば、その柄を見せるように幅を太めにとって、ゆるくひとまわりだけ巻き、余った生地の部分を後ろに長く垂らしたり、ふたまわりさせた端を前で結ぶのも可愛いです!

さらに、本気のヒッピー風を目指すならヘアスタイルにもこだわりたいところ。ロングのユル巻きにして無造作ヘアに仕上げるのがベストですが、今にわかに人気のブレイド(編み込みヘア)をゆる〜く作って、その上にバンダナを巻くのもオススメです。

 

カラフル刺繍が大胆なデニムジャケット

19da705f90f41a8b625e5f630634b950

Photo by Pinterest

デニムもキーアイテムのひとつ。といってもボトムスでシンプルに取り入れるだけだと、ただのカジュアルスタイルと変わらなくなってしまいますよね。そこで、装飾の入ったデザインのものをメインに雰囲気作りをしていきましょう!

例えば、写真のように伝統的な民族柄のビーズ刺繍が背面にあしらわれたデニムジャケットなどは、羽織るだけでヒッピーテイスト満載に!

濃いインディゴならホワイトのアイテムを合わせてコントラスト出しを、またブリーチの効いた淡い色のデニムだと、より西海岸の気候らしい爽やかさがアップします。その場合、ショートデニムと合わせたデニムonデニムでもいいですし、エスニック柄のワンピースの上から羽織るのも可愛いですよね。

 

0da32800ca9055e709ccf720e409aea1

Photo by Pinterest

ジャケットは暑いなというときは、カラフルな刺繍の入ったデニムシャツもオススメです。

シャツとしてだけでなく羽織りとしても使えるので、中にシンプルなタンクトップ、キャミソールを合わせてラフにコーディネートするのも◎。

 

フラワーチルドレンが愛したタイダイ染め

38cf0ac013a1072b85824c62fe2c96d1

Photo by Pinterest

ヒッピーカルチャーといえば、当時流行したサイケデリックミュージック。その象徴がタイダイ染め模様なんです!

レインボーの染め柄が入ったTシャツを見たことはありませんか? ただ、それを大人っぽく着こなすのはなかなか難しいですよね。

そこで、ワンカラーやちょっとしたグラデーションに絞り、写真のようにワンピースでタイダイ染めを取り入れるとグッとお洒落にブラッシュアップできます。ゴールドや民族調のアクセサリーといった小物、さらにバンダナを合わせれば、よりヒッピー感を引き出せます。

 

fe290111360450dc3496d4d8cdce9606

Photo by Pinterest

リゾート地などのロケーションではロングワンピースでタイダイ染めを取り入れると、程よいゆるさと相まって大人っぽく仕上がります。

 

どんなアイテムにも応用できるフリンジ

b6150a33c725155744a84d75eaa2598c

Photo by Pinterest

ひらひらと揺れるフリンジは、アウターから小物まで幅広く展開、ひとつ入れるだけでも一気にヒッピー風に。特に、小物であれば気軽に取り入れやすいですよね!

革製品のものも多く見られますが、黒、白、茶などのコーディネートを選ばず使いやすい色を選んでみましょう。

バッグなら、控えめながらも存在感たっぷりの小さめショルダータイプが一押し。あくまでも小物なので、「あ、さりげなくフリンジ取り入れてるな!」と感じさせるような、主張しすぎないデザインを選ぶようにしましょう。

 

いかがでしたか? いくつかのキーワードアイテムを組み合わせてもよし、普段のスタイルにちょこっと加えるのもよし。オリジナルのヒッピースタイルに身を包んで出掛けましょう!

SEILA

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ