ファッション

2016.01.16 UP

失敗しない!全身ホワイトコーデで上級者っぽく見せるには?


iStock_000076868003_Small

暗い色が多くなる冬に着る「白」には、静かだけれどハッと目をひく存在感があります。上品で洗練された雰囲気が漂う全身白のホワイトコーデは、今冬ぜひ挑戦したいスタイルです。

「たまには華やかな色を着たいけど、派手な色は苦手……」という人にもおすすめの、冬のホワイトコーデをおしゃれに見せるポイントをご紹介します。

 

定番カラーの小物で、引き締める!

全身ホワイトでまとめると、厚着になる冬は特に太って見えがちです。そこで威力を発揮してくれるのが、定番色の差し色使い。小物で白以外の色を取り入れると、全体が引き締まります。

差し色として使うカラーによって雰囲気が変わってくるので、その日の気分に合わせて楽しんでみては?

 

20151217163919932_500

Photo by ZOZOTOWN( Deuxieme Classe)

■ブラック

コントラストの強いブラックは、ホワイトコーデをシャキッと引き締めてくれます。ハンサムでクールな印象に。

 

20151112121006815_500

Photo by ZOZOTOWN(BLISS POINT)

■グレー

ブラックよりもやさしい印象ですが、シャープな雰囲気も感じるハンサムな組み合わせです。

 

20151030205048961_500

Photo by ZOZOTOWN(JOURNAL STANDARD)

■ブラウン

まろやかなブラウン系の色味は、穏やかな雰囲気に。真っ白よりもオフホワイトの服に合わせると、ワントーンコーデのようにおしゃれに着こなせます。

 

シャープなアイテムで調整!

20151001144939695_500

Photo by ZOZOTOWN(BARNYARDSTORM)

ホワイトコーデは、どこかにシャープさを感じるポイントをつけると、ほっこりせずにバランスよく着こなせます。

首まですっぽり隠れるタートルネックよりも、デコルテあきが色っぽいVネックニットのほうがすっきりした印象に。

 

8954178_b_29_500

Photo by ZOZOTOWN(JOURNAL STANDARD)

逆にトップスがボリュームのあるホワイトニットなら、ボトムスはひざ丈のスカートで脚を見せるというふうに調整してみてください。

 

異素材使いで、立体感をプラス!

20151202173812143_500

Photo by ZOZOTOWN(qualite)

白に限らず全身を同じ色で揃える場合は、異素材使いがおしゃれ上級者に見えるキーポイント。のっぺりした印象にならず、メリハリの効いたスタイルが作れます。

 

暗い色の服に飽きてきたときにも、ホワイトコーデはおすすめです。何色にも染まらない白のように、新鮮な気持ちで一日を過ごせると思いますよ。

いわた あきこ

いわた あきこ

ファッションデザイナー/ファッションライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ