ダイエット

2015.09.07 UP

ヘルシーな朝食の定番!フランスで人気の「シリアルビスケット」


gerable

フランスの朝食といえば、クロワッサンなどのパン食というイメージが強いかもしれません。

しかしここ最近、現代を忙しく生きる女性たちの間では、シリアルビスケットが人気を集めている模様。ビスケットがパンの代わりになるのか、疑問も残りますよね。

フランスの健康情報雑誌「Santé Magazine」より、シリアルビスケットのカロリーや栄養面などを、栄養士の意見を参考にお届けします。

 

シリアルビスケットって?

iStock_000032514252_Small

シリアルビスケットは通常のビスケットと比べて、砂糖の量が控えめで低カロリー。1食分(約4枚/約50g)で、225〜250kcalです。バゲット1/4本(80g)と同程度ですね。

オーツ麦やライ麦などの穀物(シリアル)を使っているのが特徴です。

現地スーパーの朝食コーナーには袋入りのパンと並んで、さまざまな朝食用シリアルビスケットがずらり! ドライフルーツ入りのものやチョコチップ入りのものなど、選ぶ楽しみもあります。

栄養士のオードレリー・アヴォさんによると「穀物入りの朝食用シリアルビスケットは、ビタミンやミネラル、食物繊維を含むものが多く、通常のビスケットよりもお腹にもたまりやすい」とのこと。

低カロリーでも、しっかり朝食としての役目を果たしてくれそうです。

 

「朝食用ビスケット」のメリット

iStock_000053676378_Small

淹れたてのコーヒーとクロワッサンで優雅な朝食タイムを……というのは、時間に余裕のある週末ぐらいのもの。わたしたちと同年代のフランスの女性たちも、仕事に家事に育児にと、多忙な毎日を送っています。

そんな女性たちにとって、忙しい朝でも手軽に栄養補給ができる「シリアルビスケット」は強い味方なのです。

アヴォさんによれば、「パン食に慣れている人は、あえてシリアルビスケットに置き換える必要はありませんが、朝お腹が空かない人にとってビスケットは食べやすく、朝食時の栄養補給にも最適」とのこと。

朝食には「体内リズム」を整え、集中力を高めてくれるといったメリットがありますから、朝食の習慣がない人はシリアルビスケットを携帯してみるのもよさそうですね。

 

国内でも買える、朝食用ビスケット

gerable

Photo by (C)sweetsholic

「小麦胚芽シリーズ」「食物繊維シリーズ」「砂糖不使用シリーズ」など、目的に合わせて選べるフランスの栄養食品ブランド「ジェルブレ」。「大豆&イチジク」や「はちみつ&全粒粉」など、約10種類が揃います。

このジェルブレシリーズは、ビタミンBやビタミンE、マグネシウムなどの栄養素を補うことが可能。甘さ控えめで、噛みごたえがあります。フランスのスーパーでは健康食品のコーナーに置いてあることもあるんですよ。

Photo by Amazon

また、食物繊維たっぷりのブラン(小麦ふすま)が主原料の「オールブランシリアル・ビスケット」も、一口サイズの小さいビスケットながら、1袋でお腹を満足させてくれる優れもの。こちらは通常のビスケットに近い味です。

 

1日の快適なスタートを切るためにも大切な朝食。シリアルビスケットなら、オフィスに着いてからでもサクッと食べられそうですね。

栄養補給のためにも仕事の効率アップのためにも、朝の習慣にしてみるのはいかがでしょうか。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ