ダイエット

2015.08.14 UP

スラッとしたフランス美女の主食サラダ「タブレ」の簡単レシピって?


iStock_000054193170_Small

「レタスばっかりのグリーンサラダには、もう飽きた!」ってときにオススメなのが、サラダ感覚で食べられるフランスのお惣菜「タブレ」です。

美肌効果のある夏野菜がたっぷりとれるのはもちろん、火を使わずに作れるので、暑くて料理する気がおきない夏場に最適です。

作り置きができる点や、食欲をそそるカラフルな見た目もいいですね。

会社の同僚から「作り方教えて!」と言われそうな、オシャレなお惣菜「タブレ」。レパートリーのひとつに加えてみませんか?

 

美ボディの秘訣。フランス人女性はサラダが大好き

iStock_000008383479_Small

フランスの女性は、ツナやアンチョビ入りの「ニース風サラダ」、トーストしたバゲットにヤギのチーズをのせた「シェーブルチーズのサラダ」に「レンズ豆のサラダ」など、お惣菜感覚で食べられるサラダが大好きです。

平日のランチタイムともなると、カフェでサラダとバゲットを頬張る人や、スーパーでお惣菜を買い求める人が多いものです。

ほっそりした女性の多いフランス、美ボディの秘訣はサラダをたっぷり食べることだったりして!?

 

フランスの定番サラダ風惣菜「タブレ」

Movie by YouTube(Taboulé maison tout simple – 750 Grammes)

なかでも世界最小のパスタ「クスクス」を使った「タブレ」は、人気の高いお惣菜です。

レモンやミントの香りが爽やかに香る、あっさりとした味付けなので、食欲の落ちる夏にピッタリ。

少量のオリーブオイルで和えて作るので、パスタサラダとはいえ、マヨネーズで和える「マカロニサラダ」よりもカロリーをかなり抑えることができます。

 

それに同じ炭水化物なら、単体で食べるそうめんや冷麦よりも、お野菜がたっぷりとれる「タブレ」の方が栄養バランスに優れています。

紫外線からお肌を守り、美白や疲労回復に効果が期待できる「レモン」、美肌をつくる「パプリカ」や「トマト」で、おいしく食べてキレイになりましょう。

 

美味しい「タブレ」のレシピ

iStock_000070655021_Small

【材料】(2〜3人分)

キュウリ…1本

トマト(大)…1コ

パプリカ…1/2コ

新玉ねぎ…1/2コ

イタリアンパセリ…大さじ1(刻んだ状態)

ミント…大さじ1(刻んだ状態)

レモンの絞り汁…大さじ1〜2

クスクス…100g

水またはトマトジュース…75〜100cc

EXVオリーブオイル…大さじ1

塩・コショウ…適宜

※クスクスはご飯に近い感覚で食べられ、サラダにもできる優秀な食材。輸入スーパーなどで購入可能です。

 

【作り方】

クスクスをボウルに入れて、塩とオリーブオイルを加えてスプーンで混ぜ合わせたら、水またはトマトジュースを注いで、よく混ぜます。

レモンの絞り汁を加えてひと混ぜしてから、1cm角に切った野菜、刻んだハーブをボウルに入れてよく混ぜ合わせ、塩・コショウで味を調えます。

すぐに食べてもOKですが、1時間以上冷蔵庫で休ませると味が馴染んできます。作ってから2〜3日はおいしく食べられますよ。

 

ハンバーグやお魚のグリルに添えて、主食兼サラダ感覚でどうぞ。また、ハムやツナを用意すれば、バランスのよいお弁当にもなります。

おいしく食べて、フランス女性に負けない美ボディを目指しましょう。

香穂里鈴木

鈴木 香穂里

ライター/編集者/パティシエ/レシピクリエイター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ