ダイエット

2018.08.01 UP

バターコーヒーは「ギー」で代用OK?ギーイージーがおすすめ!


バターコーヒー ギー

「バターコーヒーのバターの代用にギーがおすすめ!」

という記事をよく目にしますが、まずギーって何?と思いますよね。

この記事では、聞きなれない「ギー」なるものがなんなのか、バターコーヒーの代用品として適しているのか、何を使えばいいのか、おすすめのギーなどの紹介を一気に行いたいと思います。

 

バターコーヒーは「ギー」で代用OK

バターコーヒー ギー 代用

そもそもギーとは?

ギーというのは、無塩バターからたんぱく質や水分、糖分を取り除いたもので、純正のオイルのこと。

インドの伝統医学アーユルヴェーダ(日本だとエステとかヨガのイメージが強いですね)では昔から治療に使われてきました。

精製されたバターであるギーにはバターコーヒーダイエットの要となる中鎖脂肪酸が多く含まれているので、バターコーヒーに取り入れるとダイエット効果に良いのではと注目されています。

バターコーヒーのバターの代わりにギーで代用OK

実は公式の本によるとグラスフェッドバターと共にギーが推奨されていて、公式サイトBulletproof.com(※海外サイト)でもグラスフェッドバターではなく、ギーが販売されています。

実際にバターコーヒー専門店である「最強のバターコーヒー」ではギーを使ったメニューがあるほか、ギーそのものを販売したりしています。

バターコーヒーに入れるギーの量ですが、1杯につき5〜10gくらいが良いとのことです!試してみたいですね♡

バターコーヒーにおすすめはギーイージー!

バターコーヒー ギーイージー ghee easy

バターコーヒーを作るならおすすめはギーイージーです。パッケージも可愛いですし、カルディなどでお求め易いですよ。

ギーイージーの商品は、グラスフェッドバターから精製された「グラスフェッド・ギー」やMCTオイルの抽出元であるココナッツオイルを混ぜた「ココナッツ・ギー」が販売されており、まさにバターコーヒーを作るのに適しています。

特に味にこだわりがなければ、ココナッツ・ギーを使えばMCTオイルをわざわざ入れなくても1つで簡単にバターコーヒーが作れますよ。

ギーイージーの公式サイトはこちらから!

 

まとめ

ギー バターコーヒー おすすめ まとめ

バターコーヒーとギーについての記事でした!

グラスフェッドバターから作られたギーを使えば、中鎖脂肪酸が増してバターコーヒーにより、ダイエット効果が期待できますよ。

ギーは、食品はもちろんのこと体全体にも使うことができます。マッサージオイルとして使ったり、ヘアパックに使ったりと美容にも使えるので、1つ持っておくとおトクですよ♡

バターコーヒーを飲んで健康的な生活を手に入れたいですね♪

 

〇関連記事
【バターコーヒーでダイエット!】効果なし?効果あり?

CHILL

CHILL

化粧品検定1級/コスメコンシェルジュ/アスリートフードマイスター/ライター/歯科衛生士

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ