ダイエット

2018.02.15 UP

もう失敗しない…!ダイエットを成功に導く「痩せホルモン」の増やし方



何度もダイエットを繰りかえしては失敗してはいませんか。痩せたい気持ちはあっても、なかなか体がついていかないんですよね。そんなあなたには、ダイエットとは何ぞやと、理論的に理解してみることをおすすめします。

ダイエットに関するホルモンとその働きを理解するだけで、よりダイエットへの意識が高められますよ。全然難しくないので、ここで一度頭に入れて、ダイエットをより極めましょう。

 

ドカ食いしちゃう? それは「セロトニン」が足りてないかも

まず、ダイエットにとって大切なホルモンの一つが「セロトニン」です。耳にしたことのある人も多いでしょう。

「セロトニン」は精神安定作用と食欲コントロール作用を併せ持つホルモンなんですよ。脳内のさまざまな神経伝達物質に作用して、精神を安定させると同時に、満腹感を感じさせ、食欲を抑える働きをします。

なんだか文字だけ見ると難しく感じてしまいますが、ストレスを感じるとドカ食いに走ってしまう人はこのセロトニンが足りない証拠と思ってください。食べ過ぎを防ぐためには、セロトニン分泌を増やして食欲を抑制することが大切です。

特に女性は、生理などでホルモンバランスが乱れやすくなっています。セロトニンが不足しやすいので、気をつけたいところです。

 

セロトニンの量は、食べ物で増やせる

それでは、セロトニンはどのようにして増やせばいいのでしょうか。一番効果的な方法は食べ物によって増やす方法です。

セロトニンは「トリプトファン」という成分によって成り立つので、トリプトファンの摂取が少ないとセロトニンも減少します。トリプトファンは食べ物から摂取が可能なので、トリプトファンを含む食品を摂りましょう。

セロトニンの原料となるトリプトファンが含まれている食品は、牛乳やチーズ、大豆、そばなどです。他にも、赤身魚や肉類にも多く含まれています。

ですが、野菜や果物にはあまり多くのトリプトファンが含まれていません。ということは、ダイエットだからといって脂肪分を気にして牛乳やチーズを避けたり、肉や魚を食べないことは、あまりダイエットにならないということになりますね。

セロトニン量は食べ物に依存するので、普段の食生活に意識を向けることも大切です。

 

女性ホルモンサプリの効果は?市販人気ランキング【2018年】

 

セロトニン分泌を活性化させる「ほうせん核」を刺激する

セロトニンは気持ちを安定させることでも増加します。特に、リラックス効果のある香りを嗅ぐことでセロトニン分泌が活発になるようですよ。

おすすめは、ラベンダーやカモミール、マジョラムなどです。どれも手軽に手に入るので、寝る前など、部屋に長くいる時間を見計らってアロマオイルを焚くといいかもしれませんね。

またラベンダーなどはハーブティーとしても売られていて、質のいいものは香りが高いです。それを飲むのもいいでしょう。

他にも、気持ちを安定させるには、首回しをすることも効果的なんです。セロトニンは脳にある「ほうせん核」という部分を刺激することでも分泌されるのですが、首を回すとそこが刺激されるんですね。

朝、太陽の光を浴びることでもほうせん核は刺激されます。休日でダラダラしたい日でも、朝起きたらカーテンを開けてみることがダイエットに繋がっていきますよ。

 

モップがけも◎簡単な運動でセロトニン分泌に貢献!

また、セロトニンは運動による刺激を受けると増える傾向があるようです。運動は気分を安定させる効果もあるので、セロトニン分泌により働きかけをしてくれそうですね。

おすすめの運動は、一定リズムのある運動です。ウォーキングやジョギングなど、同じ動きを繰りかえすものが特に効果が高いんですよ。時間がなかったり、運動が苦手な人は、部屋の掃除やモップがけなどもリズミカルにこなせば、ジョギングなどど同じようにセロトニン分泌に働きかけてくれます。

歯磨きをするときにかかとを上げ下げするなど、自分の生活の中で、リズミカルな運動ができそうな機会は案外多いものです。工夫してみてください。

 

「レプチン」をしっかり受け取って、リバウンドを防ぐ

次に紹介するホルモンは「レプチン」です。レプチンは、脂肪の蓄積を抑制してエネルギー消費を増大させるダイエットには欠かせないホルモンなんですよ。最近ではその効果の高さが証明され、“未来のやせ薬”と呼ばれることもあるほどです。

痩せるためのキーとなるのは、レプチンを受け取る「受容体」です。受容体が正常に機能していると、レプチンがきちんと受け取られて満腹感を得ることができるのですが、受容体が機能せず、レプチンを受け取ることができないと、いつまでも満腹にならず食べ続けることになるんですね。まさに、肥満へと一直線です。肥満の人はこのレプチンの受容体が壊れかけている可能性がありますよ。

ダイエットをするとある程度壊れかけたレプチンは元通りになるのですが、実はレプチンの受容体が正常に機能し出すのは、体重の減少がみられてしばらく経ってからなんです。体重の減少とともに正常になるわけではないので、ある程度ダイエットに成功しても満足せずにしばらくは強い意思を持って食欲を抑えるように頑張りましょう。

そこを乗り越えると、受容体の働きが正常になるので、リバウンドせずにダイエット成功後の体型を維持することに繋がります。逆に言うと、痩せたことで満足してすぐに普段通りの生活に戻してしまうと、リバウンドすること必須です……。

 

女性ホルモンサプリの効果は?市販人気ランキング【2018年】

 

別腹を誘発するホルモン「グレリン」はどう抑える?

お腹がいっぱいでもう食べられないのに、デザートを見ると別腹とばかりに食べたくなってしまう経験はありませんか? その原因は「グレリン」のせいです。グレリンは、食欲を増進させるホルモンで、分泌されすぎると別腹の誘惑を増大させます。

グレリンの分泌を正常に保つには、睡眠をしっかりととって、生活リズムを整えることが一番です。特に睡眠不足が続くと「グレリン」が増す一方で、食欲を抑える「レプチン」が減少するから注意してくださいね。

最近では、グレリンとレプチンのバランスを整えるサプリも販売されています。ドラッグストアで気軽に買えるので、頼ってみてもいいかもしれませんよ。

 

私たちの体はさまざまなホルモンによって形成されているんですね。

もちろんどれも大切なものですが、それぞれの働きを理解して、バランスよくホルモンを分泌させたいものです。すると自然とダイエットに繋がっていくことでしょう。

女性ホルモンサプリ

 

参考:TANITA農畜産業振興機構ロフテー枕工房

Asuka Yoshida

Asuka Yoshida

フリーライター/ドイツ在住

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ