ダイエット

2017.05.04 UP

タレ尻を1日1分でプリケツに!トイレのついでにできる簡単エクササイズ


女性のセクシーさを強調するポイントとして、ここ数年で地位が上がってきたパーツといえば、そう、お尻です。ボリュームのあるヒップでファッションを楽しむ、海外セレブの影響もあるのでしょう。

日本では、女性らしさ=バスト一択、という貧乳女子(私です)には辛い時代が長く続いてきましたから、女性にとっても良い時代になったなと感慨深いものがあります。ここはやはり、キム・カーダシアンに感謝しなきゃいけませんね。

と思って、久しぶりに後ろ姿を見てみたら、ヒップ垂れてるやないの! しばらく見ないうちに、こんなことになっていたなんてっ! 衝撃でした。

みなさんも、さっそく後ろ姿、チェックしてみてください。

 

ヒップの位置が下がると老ける?

筋力が落ちてくる30代からは、ヒップも急激に下降してきます。その上、肌にもハリがなくなってくるので、タレ尻が後ろ姿を一気に老けた印象にします。さらに、ヒップラインが下がると脚も短く見えるので、スタイルも悪くなってしまうことに。

でも問題は、ヒップラインが崩れていっていることに自分では気づきにくいこと。セルフィーでキメ顔を撮影することはあっても、ヒップラインを撮ることって少ないですよね。

もし、体重は変わっていないのに若い時の洋服が似合わなくなっていたら、それはヒップラインの下降が関係しているかもしれません。

30代以降は代謝が落ちて太りやすくなるので、ダイエットを意識しがちですが、たとえ痩せても、ヒップが下がったままではおばさん体型からは脱却できません。

でも、ヒップアップってどうやったらできるの? 実はお馴染みの、あのエクササイズがヒップアップのカギになるんです。

 

正しいスクワットが美尻をつくる

そのエクササイズとは、スクワットです。太ももや下半身を鍛えるイメージがありますが、実はヒップアップにも効果があるとして、今アメリカでも「30日スクワットチャレンジ」なるものが流行中なんだとか。

こちらは、文字通り30日でヒップアップを目指す方法で、初日の50回から徐々に回数を増やして、最終日にはなんと250回ものスクワットを行うというかなりハードな内容なのですが、参考にしたいのがスクワットの方法です。

そんな「30日スクワットチャレンジ」を実際に体験して、1.5cmのヒップアップに成功したパーソナルトレーナーの安藤ひろゆきさんのブログから、ヒップアップに役立つ正しいスクワットの方法についてご紹介したいと思います。

ヒップアップに役立つスクワット

1.足を肩幅より広めにとる

2.股関節から曲げて、ゆっくりと腰を落とし、ひざが直角くらいになるまで曲げる

3.ゆっくりひざを伸ばして、もとの姿勢に戻す

 

ひざを前に曲げるスクワットに比べて、お尻の筋肉が鍛えられる上に、ひざも傷めにくくなるそうです。私も実際に試してみましたが、股関節から曲げ始めることを意識すると、つま先よりもひざが前に出ず、正しいスクワット姿勢がとりやすくなりますよ。

トイレに行くタイミングなどに10回くらいから始めると無理がなく、やり忘れもないので、習慣にしやすいかもしれませんね。

 

理想のヒップラインセレブを探せ

スタイルアップを目指す時は、理想のボディラインを具体的にイメージできる方が、気分が上がります。

ただ、残念ながら、日本ではまだまだヒップラインを磨く意識が、女性に根付いたとまでは言えません。そのため目標となるスタイルを探しにくいこともあるでしょう。

そんな時は、外国セレブのインスタをチェックしてみましょう。自慢のヒップラインを堂々とアップしている写真もたくさんあるので、理想のヒップラインがきっと見つかるはず。

今年の夏は、自慢のヒップラインをインスタにアップする、そんな斬新な目標で彼をドキッとさせてみては?

 

参照:パーソナルトレーナー安藤ひろゆきのブログ

平 理以子

平 理以子

美容ライター/恋愛コラムライター/海外(バリ島)ライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ