ダイエット

2016.07.14 UP

【空腹を感じなくなる!】ラクして痩せる「MCTオイル」って知ってる?


オイル、と聞くと太りそうなイメージから、意識的に避けてしまう人も多いのでは?

しかし、今セレブたちが痩せボディを保つために積極的に摂っているのがオイル! なぜなら綺麗に痩せるためには脂質もきちんと摂らなくていけないから。

しかもオイルはオイルでも、今は定番のココナッツオイルやオリーブオイルだけでなく「MCTオイル」が人気! そこで今回は、MCTオイルを使って痩せる方法をご紹介したいと思います。

 

MCTオイルってなに?

MCTオイルは、中鎖脂肪酸が100%のオイルのこと。中鎖脂肪酸とはココナッツなどの種子に含まれる天然成分で、体内で素早く消化&吸収されるため、脂肪として溜まりにくいという特徴があります。水になじみやすく、その分解されるスピードは一般の油に比べて4〜5倍だそう。

MCTオイルは摂取すると速くエネルギーに変わるで、主なエネルギー源である糖質を必要としなくなります。つまり、糖質が含まれる炭水化物をあまりほしいと思わなくなる=空腹を感じにくくなるのです。そうなると体内の糖質は減るため、エネルギーとして代わりに脂肪が燃やされることになります。

さらに、血行促進や脳の活性化にも効果を発揮してくれると言われています。

ココナッツオイルの場合は、中鎖脂肪酸が約62〜65%だけど、MCTオイルは100%! だから中鎖脂肪酸のダイエット効果がもっと実感できるとして、MCTオイルの人気が急増しているんです。

 

MCTオイルはどこで買える?

現在、注目度がアップしているだけあって、日本でもMCTオイルは続々と登場しています。スーパーなどでは成城石井などで購入可能。

もちろんネットでも、検索すれば購入することができます。海外のものが多いですが、日本製が安心という方は日清オイリオから『日清MCTオイル』が発売されているので、そちらを試してみては?

 

 MCTオイルの摂り方は?

MCTオイルは、加熱すると煙が出たり、泡立ったりするため、揚げ物や炒め物に使うのはNG。食材に混ぜたり、料理にかける使用法がベスト! 味も匂いもないので、いろいろな食材と合わせることができますよ。

 

ドレッシングに入れる

オススメの取り入れ方は、市販のサラダドレッシングや、マヨネーズに混ぜること!

手作り派は、以下の材料で作ってみてください。

【MCTオイルドレッシング1】

・MCTオイル(小さじ1)、ハチミツ、粒入りマスタードをお好みで混ぜ、好きなハーブ(適量)を刻んで入れる。

【MCTオイルドレッシング2】

・MCTオイル(小さじ1)、卵黄(1個分)、バージンオリーブオイル、ライムジュース、塩をお好みで合わせ、ミキサーにかける。

 

飲み物に入れてもOK!

また、油っぽくないので料理だけでなく、飲み物との相性も抜群。スムージーに入れたり、お味噌汁やスープに入れてみるのもオススメです。

さらにジェシカ・アルバなどがやっている、コーヒーにバターを入れる“バターコーヒー”。脂肪燃焼効果があると言われるこのドリンクに、もちろんMCTオイルを使ってみても◎です!

しかも米国女子の中では、ココナッツオイルのように髪につけたり、ボディの保湿に使ったり、砂糖などと混ぜてDIYスクラブにしたり、歯が白くなる効果のあるオイルうがいとして使う人もいたりします。気になったら試してみてください。

 

一日の摂取量 は?

MCTオイルの一日の摂取目安は30gで、小さじ5杯程度になります。

ちなみに、MCTオイルを摂りすぎると下痢になりやすいため、最初は少しずつ取り入れていくのがいいでしょう。

 

オイルと上手に付き合うことこそが、美しい痩せボディの秘密! 特に痩せ効果のあるオイルを取り入れば、さらに効率もアップ! 皆さんも是非、MCTオイルにトライしてみては?

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ