ダイエット

2016.06.03 UP

究極の太もも痩せ!バレエでおなじみの「ダイアモンドポーズ」とは


iStock_000072743583_Medium

今のセレブたちの定番エクササイズといえばやっぱりバレエ。ミランダ・カーをはじめ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーやジョーダン・ダンなどもバレエを取り入れた運動をしているとか。

ボクシングをしているジジ・ハディッドも、最近はバレエを始めて、さらにスッキリ細くキレイになっています!

セレブが火付け役となり、大人からバレエを始める人たちが続々といる中、自分も始めようかな……と考えている人もいるはず。そこで今回は、今さら聞けないけど知っておきたいバレエで痩せる理由と「太もも痩せポーズ」に迫りたいと思います。

 

バレエをすると、なぜ痩せるの?

iStock_000034864580_Small

バレエは全身運動なので、さまざまな筋肉を使います。だからダイエット効果が高いのですが、特にスマホをよく使う現代女性にオススメしたい理由は、姿勢が良くなるから!

バレエは、お尻もお腹もキュッと引き締め、上から引っ張られたような感覚でまっすぐに立つことが基本。そのため、何度も繰り返すことで自然に美しい姿勢が身につきます。

美しい、正しい姿勢をすれば、全身の血流が良くなり、脂肪燃焼効果がアップ。すると、日常の活動で消費するカロリーが上がり、痩せボディを手に入れることができるんです!

 

気になる下半身は、このポーズでほっそり!?

 

JCelesteFMさん(@sicelise)が投稿した写真

Photo by Instagram

バレエやバレエエクササイズを行っている人の下半身は、適度に筋肉がついていて細い! その秘密は、かかと同士をくっつけ、つま先を外に広げたバレエの基本ポーズにあります。

やってみると分かると思いますが、単純に見えてかなり難しいもの。まずはつま先を外に向けるだけでも大変ですし、そのポーズを保っていると、お尻や太ももの内側などがピリピリしてくると思います。

でも、それこそがバレエの良いところ! 普段使わない筋肉、特に下半身の筋肉をくまなく使うので、引き締め効果がバッチリなのです。

 

究極の「太もも痩せポーズ」を家でやってみよう!

 

Photo by Instagram(ジョーダン・ダン)

バレエでは、かかと同士と膝同士をくっつけ、つま先を外に広げたポーズを第一ポジションと言います。そこから膝を曲げると「プリエ」、かかとを上げると「ルルベアップ」になります。

第一ポジションから、ルルベアップ、さらにプリエしたポーズは「ダイアモンドポーズ」と言われ、究極の太もも痩せが叶うポーズ! さっそくやってみましょう。

 

ダイアモンドポーズの作り方

Photo by Instagram

1. まっすぐ立ち、膝とかかと同士をくっつけ、つま先をできるだけ外に向けます(第一ポジション)。

2. かかとを上げ、つま先に体重を乗せます(ルルベアップ)。

3. 膝をできるだけ深く曲げ(プリエ)、10秒キープ!

4. もう一度かかとをくっつけ、ゆっくり降ろし、膝を伸ばせばOK。

このポーズを一日10回ほど行ってみましょう。上半身はまっすぐ、両手もしくは片手を腰の高さほどの椅子に置いて行いましょう。

注意してほしいのは、ふくらはぎばかりに集中してしまい、ふくらはぎに筋肉がついてしまうこと。あくまでも意識は太ももに向けるのがポイントです! 太ももがプルプルするのは効いている証拠なので、それを実感してみてください。

 

iStock_000051980756_Small

もしダイアモンドポーズが難しいという人は、まずは第一ポジションからプリエをするだけでもOK。その際、膝はつま先と同じ方向に向けましょう。

また、膝を伸ばすとき、太ももをくっつけるように意識すると、内側の筋肉が使われて太ももの引き締めに◎。

 

もっとチャレンジしたいなら、第一ポジションからプリエ、そこからさらに膝を深く曲げた「グラン・プリエ」に挑戦!

深く膝を曲げたときはお尻が出たり、上半身が傾かないように注意。こちらも膝を伸ばすときに太ももの内側を意識しましょう。

 

 

Gigi Hadidさん(@gigihadid)が投稿した写真

Photo by Instagram(ジジ・ハディッド)

エクササイズなら家で簡単にできますし、本格的に始めたいなら手軽にレッスンも受けられるバレエ。自分ができる範囲で日常生活に取り入れて、痩せボディを手に入れちゃいましょう!

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ