ライフスタイル

2013.12.20 UP

世界中の女性がワクワク!「ヴィクトリアズ・シークレット」ショー


20131216223913-2

(photo by FameFlynet/アフロ)

 

毎年この時期になると、米国はもちろん世界中の女性がワクワク、ソワソワするもの。

そう、それは米人気ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のファッションショー!

今年も先月ニューヨークで盛大に行われ、つい先日は米国でTV放映もされました。

 

「ヴィクトリアズ・シークレット」(以下=ヴィクシー)については、もう皆さんご存知だと思いますが、おさらいしておくと米国のランジェリー市場で一人勝ちともいえる、大・大・大人気のブランド。

下着はもちろんですが、スゥエットやTシャツ、水着にカバンなんかもめちゃめちゃ可愛い♥ 米国では外に出れば、ヴィクシーを着てない女性を見ない日はないほど!  なんです。

そんなヴィクシーは、モデル長者番付で常にトップのジゼル・ブンチェンや番組ホストとしてもおなじみのハイディ・クルムタイラ・バンクスに、今最も輝いてるミランダ・カーなどトップモデルを輩出してることでも有名ですね。

そんなヴィクシーのファッションショーは、世界中が注目するだけあって、モデル達の意気込みも当日の準備もそうとうのもの。今回は彼女達の美容から、知られていない舞台裏までご紹介しちゃいます。

 

モデル達のワークアウトは「エネルギーと姿勢」

もともとヨガ&ピラティスや、筋トレなど様々なワークアウトやグルテンフリーの食事でスリムをキープしているモデル達。だからこそ、ショーに向けての準備は必要ないのでは? と思いがちですが……。

3か月前から、このショーに向けてトレーニングを行っているエンジェル達が、特に重視するのは“エネルギー”と“姿勢”

リハーサルはもちろん、当日は朝からバックステージで色んなメディアのインタビューを受け、さらに夜は本番ととにかく大忙し。そんなスケジュールを乗り越えるためにもアレッサンドラ・アンブロジオはステーキ(!)、カーラ・デルヴィーニュとキャンディス・スワンポールはフライドポテト(!)などをがっつり食べて、エネルギーを補給しちゃってます。

さらにバレエを取り入れたワークアウトで姿勢を強化するのも、ランウェイを歩くにはととても大事なこと。ショーの様子や写真を見る際は、下着やへアメイクだけでなく、美しいポージングにも是非ご注目を。

 

舞台裏ではバチバチ?

20131216223913-1

(photo by Crystal Pictures/アフロ)

 

女性が多く集まれば、必ず好き嫌いやキャットファイトが起きるもの(もちろん彼女達は”エンジェル”と呼ばれているので、そんな表情を露にはしませんが)。

特に今回話題となったのは、ジェシカ・ハートがショーでパフォーマンスをした歌手のテイラー・スウィフトを批判したこと。アフターパーティーのインタビューで“テイラーはヴィクシーのモデルとしてやっていけるか?”と聞かれたジェシカは“ふさわしくないわ”とバッサリ。

すぐさま炎上騒動となり、ジェシカは後に謝罪しました。しかもコレが原因でヴィクシーをクビになった? なんて報道も出るほど。ジェシカがこう発言したのは、ショーの話題をかっさらったテイラーへのやっかみ? なんてことも言われてます。

同じくテイラー絡みでいえば、元カレである英ボーイズバンド「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズと付き合っていたカーラ・デルヴィーニュと会ったり、またモデル好きのレオナルド・ディカプリオの元カノであるエリン・ヘザートンと今カノのトニ・ガーンも一緒にランウェイに上がったり。なんだか複雑ですね。

 

モデル業界は華やかな世界に見えても、陰で努力をたくさんしたり、辛い思いももちろんたくさんあるはず。そんな風に見ると、また違った見え方ができるかもしれませんね。

ピーリング麻里子

アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ