趣味

2016.10.04 UP

たったの4万円で行けるリゾート!この冬、行ってみたい【セブ】のすすめ


夏休みも、シルバーウィークも終わり、仕事の毎日。早くも冬休みの計画を、たてたいと思ってしまいますよね!

なかなか長期休みが取りづらい働き盛りのANGIE女子にオススメなのが、日本から気軽に行けるアジアンリゾート、セブ。

寒い日本を飛び出して、最高のリゾート体験をしに行きましょう。

 

セブってこんなに安くて近い!

日本から直行便で約4時間という近さが魅力的なセブ。寒い日本を発ってひと眠りすれば、そこは陽気なアジアンリゾートの雰囲気と暖かい気候。

美しいビーチに、ショッピング、エステなどが楽しめる高級リゾートと女性が憧れる優雅なバケーションが実現できます。

そして、なんといっても魅力的なのが「安さ」。現地の物価は日本の1/3、日本からの飛行機も平均往復で4万円ほど

LCCセブパシフィック航空では、定期的にセールが行われており、成田〜セブの往復チケットがなんと、5,300円のときも! 破格でリゾートまで行けます。

航空券のセール情報は公式twitterで随時更新されているので、今から冬の旅行に向けたチケットをチェックしておくのが○。

私も仕事づくしの毎日を忘れるため、羽を伸ばしに行ってみました!

 

セブにきたら、見て欲しいこの絶景

セブステイ最大の楽しみは小島ツアー。マクタン島の港から出るボートに乗り込んで、いざ出発!

セブ周辺の小島には手つかずの自然や透明度の高い美しいビーチがあります。ここがフィリピン!? と思うような美しい絶景に心が解放されるよう。

私も一度訪れましたが、そこはまさに別世界。こんなに手頃に美しい景色を堪能できるなんてと感動しました。小さいことなんて、自然とどうでも良く思えてしまいます。

小島では珍しい魚の群れを見ることができるシュノーケリングや、野外BBQ、ビーチでの写真撮影など、気分があがるイベントがたくさん楽しめますよ。

 

まだまだあるセブの魅力

美しいビーチだけがセブの魅力ではありません。 高級ブランドが並ぶ近代的なショッピングモール「アヤラセンターセブ」では、 憧れのブランドアイテムが、日本よりも少しだけ安く手に入ります。 ローカルブランドも価格が安く、日本と同じようにトレンド感のある洋服が並んでいますよ。

フィリピン伝統マッサージ「ヒロット」で癒されるのも良いかもしれません。 10本の指を巧みに使ったマッサージはリンパの流れが良くなり、仕事づくしの身体を最高にリフレッシュさせてくれます。

また、セブにはカジノで遊べるところもあります! 場所は、 セブシティにある「ウォーターフロント・セブ・ホテル&カジノ」というホテルの一角。マカオやラスベガスに比べれば小規模ですが、女子旅ではしゃぐには十分です。5,000円くらいで私も大いに楽しめました。気軽に行ける雰囲気のため、初めてカジノにチャレンジしたい人にもオススメです。

物価が安いということもあり、グルメもショッピングも、スパも2泊3日5万円弱で存分に楽しむことができます。

 

毎日仕事に明け暮れている皆さん、「自分」を大事にできていますか? 休むときはしっかりと休む! 遊ぶときは遊ぶ! 思いっきり羽を伸ばせるセブ女子旅に、今年の冬は目を向けてみてはいかがでしょう。

Miri

Miri

海外セレブライター/グルメライター

≫このライターの記事を読む


アプリで、ANGIEがもっと快適に。

  • お気に入り機能で便利に読める
  • プロライターによる最新情報が充実!
ページの先頭へ